人気ブログランキング |

2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

コッツウォルズ小旅行

 4月中旬のある日

主人から届いたメール

”週末 コッツウォルズに旅行に行きましょう。

犬OKのホテルもおさえました”

自称●●旅行代理店の異名を持つ夫。

行きたい時が 行く時な人

確かに あとどれぐらい イギリスに住めるか分からない駐在の身としては

できる時に 色々なところを観光しておきたいですからね。

ということで 4月18日(土)~19日 (日)に

野獣をつれて 家族旅行に出掛けました。


コッツとは 羊小屋 羊さくのこと ウォルズは 草地・丘陵地のことだそう。

産業革命で 開発の波に取り残された 

石灰岩でつくられた家の集落の村が点在する

地域の総称を コッツウォルズと呼んでいます。

幸か不幸か 今では その素朴な地域が

昔の面影を今に伝えているとして

英国で1・2を争う観光地になっているのですから

皮肉なことですね。



初日

最も古い家並みが保存されている村
カースルクーム
e0138195_513292.jpg


e0138195_5132431.jpg


e0138195_5135173.jpg


e0138195_5141831.jpg



交通の要所 サンレンセスター
比較的新しい建物が 立っています
e0138195_5243186.jpg




さらに北上し

ウィリアム モリスが感嘆し 住み着いたバイブリー
涼しい木陰の元を 美しい清流が流れます
e0138195_5173271.jpg


e0138195_5175950.jpg


e0138195_5183347.jpg


e0138195_913472.jpg

まるで妖精が 住んでいそうな村

私は コッツウォルズに訪れるのは2度目ですが 

やはりバイブリーはもう一度訪れたかったのです。

コッツウォルズに求めている

現実離れした美しさやのどかさを 味わいたいならば

やはりここが一番ではないでしょうか?




異色の港町 グロスター
”ハリーポッター 賢者の石”の撮影で一躍有名になったグロスター大聖堂
e0138195_5191481.jpg


コッツウォルズらしからぬことに カモメが飛んでいました。

初日の観光は ここまでです。

温泉が湧いて保養地として栄えたチェルトナムのホテルに宿泊することにしました。

ここは もともと交通の要所でしたが 

温泉が湧いてから バースと同じように貴族の保養地として

発展していきます。

洗練されたヨーロッパの避暑地風な建物が並び

ちょっとよそいきな顔をしています。

とりあえず 車での移動お疲れ様でした。

(つづく)
by ruchikald | 2009-07-07 07:50 | 旅-UK