2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ロンドンから西200Kmの古き良き田園風景の広がる 

コッツウォルズ地方に行ってきました。

今回は日系旅行会社の一日ツアーに参加。

旅行会社のサイトはこちらです
 [みゅう] ホテル&旅のパーツ

英国の良さは田舎にありますね~
c0139972_752638.jpg



のんびりとした時間が流れ こちらも癒されます。

羊と馬が放牧されていました
c0139972_644168.jpg


砂岩でできた家並みは なんともいえない温かみがあります。
c0139972_6451662.jpg


お洒落な 自転車型の花籠
c0139972_73074.jpg


産業革命で取り残された為に 17世紀の古い家並みが残ったそうです。
c0139972_741785.jpg



日程は以下の通り

朝8時 victoria駅近くに集合し バスで約2時間で最初の目的地に到着

バーフォード

ブロードウェイ

バードン・オン・ザ・ウォーター (コッツウェルズのベニス)

バイブリー

コッツウォルズ地方には 様々な村が点在するようですが

今回は特に 観光客に人気の 頭文字”B”の村々を訪れました。

それぞれ 味わい深く 可愛いらし村でしたが

私は特に バイブリーのこじんまりした家並みが印象的でした。
c0139972_646263.jpg


c0139972_8733.jpg


村のそばを流れるコルン川
清流なので マスを養殖しているそうです
c0139972_881239.jpg



どの村も 砂岩でできた石造りの家でしたが

石の産地で 色合いが微妙に違います。


ブロードウェイの中心を流れる川にかかる築200年の石橋
c0139972_739549.jpg



ツアーの添乗員さんが 英国の豆知識を披露してくださり

眠る暇がないくらい ”へぇ~”と感心しまくりな 旅。

とても お得感満載でした。

お昼はつきませんでしたが 

バードン・オン・ザ・ウォーター 現地のパブで昼ご飯をいただき

英国の田舎の底力を感じました。

今度は車で 家族みんなで出かけたいです。
[PR]
by ruchikald | 2008-05-31 22:29 | 遊び

芝刈り

  3連休の初日 天気予報によると 晴れは土曜日だけだったので

オリエンタル シティから帰宅し 早々に芝刈りを始めました。


我が家の 荒れっぷりをお隣の庭と比較しますと・・・・

同じ区画とは思えません。

お隣さん        これが正統派イングリッシュ ガーデン
c0139972_8495688.jpg



我が家         牧草地ではありません・・・・ 念のため
c0139972_8505774.jpg


画面の上 隅に野獣が 草の中に埋もれているのが

わかりますか?



  まず 超アバウトなマニュアルを見ながら
芝刈り機を組み立て
c0139972_932754.jpg


それから試行錯誤しながら 芝を刈ってみました。

最初は 怖々でしたが そのうち慣れて 大胆になり

まるで虎刈り状態で 思いっきり整えましたよ・・・・ちょっとやり過ぎたかも

c0139972_853079.jpg



ダンさんは これで失業しても ガーデナーとして通用しますね。


では ご覧下さい!

使用前
c0139972_8533788.jpg



使用後
c0139972_8543392.jpg


野獣も満足そうです。
c0139972_8551091.jpg



さっぱり綺麗になった庭のガーデンテーブルにて

ビールで乾杯!

柔らかな夕日が 差し込んで 風も爽やか

いや・・・労働の後の(って 私は芝刈り機コード持ち係でしたが)

ビールの美味しかったこと!

 
早く 芝が生えないかな~    またまた機械を使ってみたいです!
[PR]
by ruchikald | 2008-05-28 00:39 | 生活

ORIENTAL CITY

この週末 日系の車のメンテナンス会社に

車のワイパーと タイヤの交換に 出かけました。

在庫があるので 約1時間ほどで交換できるそう。

丁度 お昼時間だったので スタッフの方に 

食事ができる場所がないか 聞いてみると

”大通りで バスに乗って3分くらいのオリエンタル シティは

食事できる店が 何軒か入ってますよ”とのこと。

ここは 日系のスーパー”ヤオハン”が倒産した後 

マレーシア系企業に買収されて リニューアルしたショッピング モール。

早速バスに乗り込み 

何やら瓦屋根のついた摩訶不思議な建物が見えてきました。
ORIENTALの Tが欠落してます
c0139972_691424.jpg

何故か 中国版駒犬も
c0139972_694675.jpg



ここの1階には巨大なフード コートがあり

まるでロンドンにいることを忘れるような 

ごっちゃりした食べ物屋がずらりとならんでいました。
c0139972_6104190.jpg


      中華料理も広東に四川料理

そしてマレーシア タイ 韓国 日本料理もあり

まさにアジアン フード天国 


嬉しいのは 店の前に料理が写真付きで紹介されているので

注文の時に 助かります。

この雑多な空気

ペナン島の屋台村や タイの食堂の雰囲気です。

ああ なんか懐かしいなあ~ とやたらテンションあがりまくりのルチカ家

という訳で やっぱり頼みすぎちゃいました。
c0139972_6112111.jpg

食べきれなかったのでお店のお兄さんに 持ち帰り用のパックをもらいに行くと

”注文しすぎたでしょう”と 笑われた。

ははは 相変わらずお調子者で わかりやすい我が家です。

  ”ここ 安くて いいねえ 

  毎週来たいなあ”と 大のお気に入りなったのに 

何やら気になる張り紙が・・・・

なんと6月9日付けで 建物全体が閉鎖されるそう。



たしかに併設されているスーパーマーケットは閑散として

なんともうらぶれた雰囲気だったのは 否めない。
c0139972_614853.jpg


突然何を思ったか ”この壺を買う!”と 

人一人がすっぽり入りそうな巨大な壺を物色しだしたダンさん
c0139972_6143312.jpg


”いったい どこに置くねん?”と 突っ込みをいれて

なんとかブレーキをかけました。






小1時間で戻るつもりだったのに 

3時間近く モール内の閉店セールを冷やかし

戻ったら車もちゃんと直っていて ものすごい充実感。

さて さて これで気を良くしたので 家に戻って

懸案事項の芝刈りに挑戦しようと 鼻息を荒くしたのでした。
[PR]
by ruchikald | 2008-05-25 22:46 | Food

ターミナル5

  今年の春にオープンしたロンドン ヒースロー空港のターミナル5

オープン当初は 預けた荷物が 行方不明になるトラブル続きで

悪評高かったのですが さすがに 落ち着いてきた様子。

(そうそう 余談ですが もともとヒースローって

チェクインした荷物が紛失するので 有名な空港だそうです。

空港勤務のスタッフの オペレーション能力に問題ありという噂もあるし・・・)




ターミナル5は なんと ブリティッシュ エアウェイズ様 限定。

私にすると  ”ふ~ん っで?”ってあまり 実感がないですが

この業界に詳しいダンさんに言わせると

    ”もぉ~んの すごい 
    英国式 親方日の丸 

    
じゃなかった 

     ユニオン ジャックな世界”らしいんですわ。

日本に置き換えると 成田空港の一つのターミナルが J★L様 専用

と いえますかね・・・

4年後のロンドン オリンピックに向けて ちゃくちゃくと準備していて

大英帝国の威信にかけても 絶対 成功させねば・・・・

という武者ぶるいが 伝わってきますね。



で 先日のミラノ行き、 日本帰国の際に BA(英国航空)を使いましたが

やはり新しくて 広いし綺麗でした。(あたりまえか)

人気がなくってガラガラなターミナル
c0139972_1112847.jpg




免税店もなかなか充実しているし(でもポンド建てだから 高いので買わないよん)

レストランもお洒落。

出発まで時間があったので 英国のカリスマ シェフ

ゴードン ラムジー氏のレストランでお昼を食べましたが

英国系のレストランで 初めてまともなものに 出会った感じです。

c0139972_113913.jpg


紫蘇がトッピングされている Miso(味噌あえ)サラダ  
な~んちゃって和風料理ですが なかなか美味
c0139972_7225231.jpg


英国らしく魚よりマッシュポテトの方が大きいの
c0139972_1123655.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-05-24 01:15 | 生活

蒼い薔薇

   私が 忘れてしまうぐらい 昔

花好きな母の為に 買ってきた当時にしては 珍しい”蒼い薔薇”の苗。 

どんな色の花が咲くのか 

想像もつきませんでしたが

実際は ”蒼”というより 渋い藤色です。


月日は流れ 実家の庭の片隅に根をはり

毎年 沢山の蕾をつけるのだそう。

日本で のんびりと時間を過ごしていたら

固い蕾が みるみる緩やかになって

馥郁たる花を咲かせていました。
c0139972_16255589.jpg


c0139972_1631356.jpg


ところで 化学的に 薔薇の花の色素でBlueを引き出すのは 不可能らしいですが

蒼い薔薇を 作りだそうとする ロマンに情熱を傾けた企業のサイトを

みつけました。

世界初!バイオテクノロジーで「青いバラ」の開発に成功! サントリーの研究開発 サントリー
[PR]
by ruchikald | 2008-05-20 08:27 |

帰宅

 無事 ロンドンの自宅に戻ってきました。


留守中 ダンさんがかなり頑張って 家事をやってくれていましたので

想像したよりは 家は片付いておりましたが

家の裏庭が すごいことに・・・・・

実家の庭も密林地帯でしたが

芝生が ぼうぼうで 足を踏み入れると 

    ぎゃぁぁ 遭難しそうです。



野獣は めちゃくちゃ ハイテンション

しかし 約1か月近く シャンプーしていなかったので

体から チーズのような 動物性たんぱく質が 発酵する匂いが・・・・

即効 シャンプーしましたよん。

ということで 相変わらず 元気な私ですので

どうか ご心配なく!!
[PR]
by ruchikald | 2008-05-19 09:36 | 生活

ジャングル?

  穏やかな気持ちで 毎日を過ごしておりますが

どうしても 気になることが一つ。

それは 実家の門扉から 玄関までの庭木が

まったく ほったらかしで ものすごい荒れ放題。

一雨ごとに 緑の濃さがまして おりました。

母は「落ち着いたら 庭師さんに手入れしてもらうわよ~」と

いたって 暢気な様子ですが

いや そんな悠長なこと 言っていられないジャングルいや

 密林地帯状態

幸い 今朝は朝から良い天気 

決行するなら本日しかない!と

帽子に 眼鏡 バンダナで顔を覆う テロリストばりの完全武装で

剪定ばさみを手に バシバシ 枝を切りまくっていたのです。

なんか 始めたら 止まらなくなって

右と左のバランスが悪いなあ~ と 切っているうちに

ちょいとばかり やりすぎで ハゲ山状態ですが

    ま しばらくすれば 丁度よい感じに伸びるでしょう。

        やり逃げや~
[PR]
by ruchikald | 2008-05-17 20:36

新しい日々

  まだ 日本におります。

お陰さまで 5月11日 無事 式を終える事ができました。

色々とお心遣いをいただき 

本当にありがとうございます。





ほんの2年しか日本を離れていないのに

すっかり 浦島太郎状態な 私。

何よりも痒いところに手が届く 日本の社会に感動しています。

例えば 問い合わせの電話をしても たらい回しされず

要求した郵便物が きちんと配達されることに感動!

というのも日本を出る前日 荷物が近所の家で受け取られていたのに

どこに配達したか 配達書が入っておらず

また受け取った家も ほったらかしで

さんざん探し回ったばかりですから・・・・





もうしばらく 母の傍にいようと思っておりますが

食べ物が美味しくて ついつい食べ過ぎて

 「なんだか 青虫が キャベツを齧っているみたいに

  ワシワシ食べあさっているねえ」

と あきれられています。

戦中に育ち盛りだった方々が 大人になっても

食べ物に執着しておられるというお話を聞きますが

そのお気持ちがよくわかります(笑)
[PR]
by ruchikald | 2008-05-14 23:38

花発きて風雨多し

 

  こんばんわ 

現在 日本に一時帰国しています。

おととい 実父と 悲しいお別れをしました。

5月6日にあわててダンさんと英国から駆けつけて

再会したときは とても気丈な様子で

こんなに早く お別れが来るとはおもいませんでした。

” 遠方から 来てくれてありがとう
  
  どうだ 慣れたか?”と

ちょっと微笑んでくれた顔が脳裏からはなれないまま

翌日 旅立っていきました。

 ごめんなさい

つらかったのに 私たちが帰るまで

頑張ってくれてたんだね。

日本に帰ったら 今まで 何もできなかった埋め合わせを

しようと思っていたのに・・・・



でもね 

有難い事に 遠方まで叔父がすぐ駆けつけ

頼りない  母と私たち姉妹を ずっと支えてくれています。

何年も会っていなかったのに

時間の隔たりがないように 自然に傍にいられる安心感に

包まれているのです。

ありがとう おじちゃん・・・・




そして 周りの方々にも あたたかく支えられて

人は一人で生きていないんだということを

父は身をもって気づかせくれたのかもしれません。









        勧酒
  
                于武陵 ( うぶりょう )

君に勧む 金の屈扈 (くっし)

満酌辞を須(もち)いず

花発きて風雨多く

人世別離足(おお)し



    花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ
[PR]
by ruchikald | 2008-05-09 00:08

お知らせ

  皆様へ

 いつも 当ブログを ご愛読ありがとうございます。

私の都合により しばらく更新はお休みいたします。

また 再開いたしましたら 皆様のお越しをお待ちしておりますので

どうか よろしくお願い致します。

ルチカ
[PR]
by ruchikald | 2008-05-07 21:51