2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

<   2008年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

オペラ ”The Mikado"

2月23日 (土) 

London Coliseumにて イングリッシュ ナショナル オペラの

” The Mikado (ミカド)”を観賞してきました。
c0139972_1571732.jpg



日本では ほとんど演奏されない このオペラは

1885年に ウィリアム・S・ギルバート脚本、 アーサー・サリヴァン作曲で

手がけられ それ以降も本国 英国では繰り返し上演されています。

日本のTitipu(秩父)が舞台で異国情緒満載 

かつ 一人の若い女性の結婚をめぐる ドタバタの三角関係というコミカルな内容。

また 非常に覚えやすいメロディーに溢れているので

観客はうきうきしながら舞台を楽しんでいる様子でした。

今回の演出は 日本以外の国の上演にありがちな

間違った日本様式 (歌舞伎みたいなメークに 中国風な衣装など)でなく

1920年代の アールデコな衣装&セットだったので

日本人の私たちとしても 居心地よく 集中して舞台を見ることができました。

ドラマチックな内容ではないけれど

コミック オペラって 肩に力が入らなくて

たまにはいいね と素直に思える内容でした。



ヴィクトリア様式の豪華な劇場
c0139972_1481420.jpg


c0139972_1485544.jpg


c0139972_149184.jpg


幕間にて 楽しそうな観客
c0139972_1581320.jpg





この”The Mikado”は 学校の学芸会の定番らしく

終演後 口ずさむ人々に何人も すれ違いましたっけ。

ただ 不幸なことに 日本では ”Mikado”というお題ゆえに 

上演がながらく禁止されていたようですが 

過去秩父市の記念式典で上演されたようです。

もしよろしければ そちらのサイトをご参考にしてください。

なお このサイトでオペラの説明をご覧になる時は

画面の左のメニュー 
オペラ「ミカド」について”に詳しく 記載されております。

ミカドバクストン公演
[PR]
by ruchikald | 2008-02-28 16:50 | Art

洗濯機の謎

   多分 英国人に聞いても ちゃんとした答えは返ってこないでしょうが

何故か 洗濯機の置き場所は 台所で

我が家の場合は ガスレンジの下に 固定されております。

c0139972_6325877.jpg


理由は定かでありませんが 

単に 家事をやりながら 洗濯するのに 便利だから・・・・?

けど 料理する場所で 汚れ物を洗濯する感覚が 日本人の私には

どうも理解できないのですが こればかりは仕方無いですね。




また 洗濯槽の開閉扉は 横についていて

水がたまっている間は 密閉されているので

開かない構造になっています。

ですから ” あちゃ~ 靴下 片っぽ 入れ忘れちゃった~”というとき

追加で洗えないんです( ← しょっちゅう やる 間抜けな私 )

しかも 洗濯→ 脱水 → すすぎ → 脱水に

      最短でも90分  かかるんです!042.gif

時間がもったいないから 朝一番に洗濯をスタートさせて

犬の散歩にでかけ 次の家事にとりかかり 

買い物に出かけて やっと仕上がっている状態。



尚 乾燥機能もついておりますので 試しにつかってみたら

     さらに 90分
         しかも 生乾き

            もう ありえない! 

こんな調子では 日が暮れてしまいますのでもっぱら 部屋干し。

部屋が乾燥しているので 乾くのが早いんです。




こんなに性能が低いのを我慢して 使っている人々

やはり 気が長いのかもしれませんねぇ

日本の電機メーカーさんが 高性能の洗濯機を売り出せば

絶対 売れると思うのにな~
[PR]
by ruchikald | 2008-02-26 21:14 | 生活

新しい仲間がやってきた

   郊外に住んでいるので やはり車がないと少し不便

ということで 中古の日本車を 手に入れました。

名づけて グスタフ号

由来は ダンさんの尊敬する 偉大なる作曲家グスタフ・マ-ラーに因んだのですが

なぜ 日本産なのに マーラーなのか 不明。013.gif

( ここで ブログを見た お節介大王 同居人から

 ”マーラーだけじゃなくて クリムトの グスタフも兼ねているんだ”

と クレームが・・・・

 あ~ そうでした そうでした。019.gif

( 別に わざわざ コメントでしつこく 説明してくれなくって いいからね )



ところで英国は日本と同じ右ハンドル 左側通行ですし

我が家の近所はそれほど交通量も多くない。

これなら 多少 運転が下手くそでも大丈夫そうと

●年ぶりに私もハンドルを握りましたが

これが本当に運転しやすく スムーズな走り・・・・
 
         Viva 日本車!!
が ここで やはり何かが起こる ルチカ家

お約束のアクシデント発生040.gif

購入早々 なんと 右前タイヤの空気圧が低いなあと思っていたら パンク

しっかり釘が刺さっておりました。

一言クレームをつけたダンさんに

” いや この間まで 問題なかったけれど・・・・

 なんなら お宅まで行って スペアタイヤの交換をしてあげようか?”

と 心配そうに応じる前オーナー

確かに 購入前に試乗した時は問題なかったし

悪意は感じられなかったので 自力で交換することになってしまいました。

だって 修理工を呼ぶだけで £100以上かかるのは確実だもの。

で 昨日 意を決して 初めてタイヤ交換に挑戦のダンさん

ジャッキアップするも ”こうかなあ・・・・・?”と 不安気

     だ 大丈夫ですか?025.gif

そもそもタイヤを留めている ボルトが見つからず 悪戦苦闘していると

近所の内装工事に来ている シュレックみたいな体格の

でも 小さな時はすごく可愛かったであろう 

中欧系のお兄さんが 見るに見かねてアドバイス

c0139972_4403125.jpg


”ホイールは この隙間に工具を差し込んで外すんだよ~” 

んん  本当に? でも ビクとも しないけど 

確かに外す方法は それしか考えられない。

地道に作業を続けること 30分以上

やっと はずれた~

それから スペア タイヤを装着しようとしていると

さっきの シュレック君が 

  ”タイヤ 逆向きにはめてるよ  

   で ネジの留める順番は こうだから”と

朴訥とした口調で指示   そのおかげで 無事装着。

その様子を見届けた彼は 安心したように

汚いトラックに乗り込み 爽やかに去っていったのであります。

     ありがとう シュレック 

     君がいなかったら

     グスタフを動かすことができなかったよ。




しっかり しっかり ネジを留めるの図
c0139972_4295746.jpg

しかし ダンさん よくあきらめずに頑張った 偉い 偉い!!

ということで  先日T.K.トレーディングで購入した

とっておきの生ラーメン醤油味を 3人前こしらえて

        ビールで祝杯だ~(結局 こうなる)

え~っと 何も 役に立たなかった私ですが  何か?









これで 愛車グスタフ号に 野獣を乗せて

家族でイギリスの田舎まで どんどん出かけてきますよ~

これから緑の美しい季節なので 皆様もどうかお楽しみに・・・  


[PR]
by ruchikald | 2008-02-24 19:30 | 生活

Oxfam

     本当に 春がそこまで来ている ロンドン

気持ちをもっと軽くしたくて 段ボールに入ったままの衣類を

もう一度 整理してみることに。

引っ越し前に 随分処分したつもりの荷物なのに

結局 着ない服 使わない小物が何点かあります。

思いつきで 買ってしまったもの

安いからといって 十分に吟味しないで手に入れたもの

本当に 物にはそれぞれ辿ってきたストーリーがありますが

物にまつわる Somethingを断ちきれなくて残ってしまった物は

存在するだけで負のパワーが出て

人のエネルギーを吸い取るように思います。

物に支配されたら 自分をマネージできませんから

えいっと デトックスするつもりで処分決定

  読んでいて気を悪くされたらごめんなさい。

多分 一番困るものは 人からの頂き物。

プレゼントを下さった方のこちらを大切に思う気持ちは

本当に 本当にとても有り難く 嬉しいけれど

やっぱりどうしても これは使いこなせないな~

申し訳ないなあ~という時に

人は物をため込んでしまいがち。

その方の気持ちを尊重するためにも 

中途半端に使って捨ててしまうよりも

新品なまま あるべき方に使ってもらうために

ドネーションするのが スマートなのでは?と 思います。

     冷たい人間かもしれませんね 私って 

     ごめんなさい

だから 逆に人に物を差し上げる時にも

”自分の自己満足で プレゼントしてない?”って 考えるようにしています。

人の好みって様々だから 

なるべく形の残らない物を 差し上げる工夫。

そうすれば もっと 身軽になるかもしれませんね・・・・





で 最終的に紙袋約3個分の荷物にパッキングし

近所にある チャリティ ショップへ持ち込みました。
c0139972_21294186.jpg


こちらは 国際支援の協力団体で  不用品を受け入れ

綺麗にクリーニングして 店頭に売られています。

一応 持ち込むときに 吟味して

”これだったら まだ使えて 処分するのは可哀想な物”たちの

引き取り場所に最適。

売上は ボランティアの活動資金になるので

とても良いことをした気分。

もちろん 陳列されているものは かなりくびれていますが 

前のオーナーが大切に丁寧に使っている様子が伝わってきます。  

それに 格安なので購入する人もとても多いです。

( んんん 売っているものを買いそうになるけど ここは我慢 )

物を大切にする英国の国民性がよく発揮されていますね。

日本語以外のサイトはこちら

Oxfam International - OI English Homepage

日本でのOxfamのサイトはこちら

オックスファム・ジャパン

これ以外にも ”ガンの支援団体” ”動物愛護団体”のチャリティーショップがあります。

 
[PR]
by ruchikald | 2008-02-22 12:49 | 生活

パブ デビュー

仕事帰りのダンさんと待ち合わせしてパブに行ってきました。
c0139972_19364470.jpg


”THE HAVEN”という店名ですが 何故か我々は

”タバーン ( TAVERN )と呼んでます。

ぱっと見たままのイメージ (途中の字が欠落して)で呼んでいるうちに

二人の間で”タバーン”が定着してしまいました。

で TAVERNも居酒屋という意味ですが

辞書によると”特に むさ苦しい低級な居酒屋”と注釈がありますわ。

でもお店の名誉のためにいいますが 店内は小綺麗、

それでも うちではやっぱりここは”タバーン”だな。

ところで 話は飛びますが

先日ネットショップのサイトを見てて

”イギリス風パンツが流行”と書いてあるのをみて

   ほおお  イギリス風って

   ロンドンにいても知らんかったわ で どれどれ どんなん?と

よく 見ると ”レギンス風”って 書いてある。 

もう カタカナさえちゃんと読み取れなくなってるから 私の脳みそ。

c0139972_4153797.jpg

・・・・・・ 別に 普通の パンツだと思うんだけどな・・・・・・・・



で 話は元に戻して こちらは正真正銘のイギリス風パブ
入口が高くなっていて 店内を見渡せます。
c0139972_19424338.jpg





いつも地元の人たちで 賑わうパブは

Public houseの短縮語で いわゆる居酒屋。

人々の社交の場で 昼間から 結構みんなパブでビール飲んでいますね。

こちらでは水も無料じゃないし コーヒーと同じ値段ならば

じゃあ ビールって感覚なのでしょう。

 

カウンターで飲み物や 食事を注文し その場で会計を済ませます。

ここでビールの量ですが

1パイントは 英国は約0.568l  米国は約0.473l

量が国によってちょっとちがいます。

店員が注文を受けてから 銘々のグラスに注いでくれ

そのまま好きな席で ぐいっと頂き

お代わりしたければ 自分でまた注文。

体が沈みこむぐらい大きなソファー   気取らない雰囲気がリラックスします
c0139972_19442780.jpg


パブでは お客より偉いのは店主で

” 理由を説明することなく 酒類の販売を拒否する”という法律もあり

乱れるくらい泥酔した客の注文を拒否できるそうです。

そういえば カウンターに立っていたのは若い女性でしたが

媚を売るなんて言葉は ドーバー海峡に捨ててきたのかと思うぐらい

ニコリともせず ドスがきいて 迫力もあり 

威厳のある立派な体格をなさっていたっけ。

        そんなの関係ないじゃない ですと? 

だって 変に愛想を振りまかれるより

余計な気が散らず  飲むことに専念できるじゃないですか。

これは気軽でいいですね~

それと日本の居酒屋のお酒を差しつ 差されつって感覚 

         あれどうにかなりませんかね?

お酌したり強要したら禁固10年という法律できないかなぁとおもうぐらいのワタクシ

         あらら   また話が脱線しました・・・・・


注文したものは おなじみのフィッシュ アンド チップス(奥)にラザニア(手前)
c0139972_19452561.jpg

ラザニアは”これ ラザニアだよ”って 言われなければ

なんだかわからない ちょい微妙な調理方法でしたが

フィッシュ アンド チップスは 美味。

魚の衣の表面はかりっと  で中はふわ~っと仕上がり

フライトいうより フリッターに近いですね。

淡白な白身魚に 油がいい感じにからんで 美味しい!

英国の主食は じゃが芋と いわれるだけに

チップスはだいたいどこで食べても 外れがないです。

しかし ビールに揚げ物 じゃが芋という組み合わせ 究極にお腹が膨れるわ。

摂取カロリーを考えると ちょっと恐ろしいけど・・・・




2階はパーティールームになってます。

イングランドの旗が飾られて フットボール観戦のときは

さぞや盛り上がるんだろうな~
c0139972_1947540.jpg


[PR]
by ruchikald | 2008-02-21 11:57 | 遊び

紅茶の道

   英国と言えば紅茶、 紅茶といえば英国というイメージですが
最近は 様変わりしている様子。
優雅にアフタヌーン ティは 昔のお話。
人々はスターバックスや イタリア風カフェのテラスで おしゃべりに夢中だったり
コーヒーを片手にふらふらと街を歩いています。
今時の英国人に
” ちょっと 午後はアフタヌーン ティじゃないの?”って 聞いてみたいけど
それって外人の
”日本人は みんなTea Ceremony(茶道)を たしなむんじゃぁ?”と
同じぐらい陳腐な質問のなので やめました。



最近 コーヒーに押され気味だけど
やはり紅茶は日常的な飲み物であることは 確か。
だから店に売られている紅茶はリーフ ティより
扱いやすいティーバッグが主流ですが
バッグに糸はついてなくて お茶を淹れる時  ちいと困ります。
それでも大きなマグカップに ティーバッグを入れ
熱湯を注ぎ しばらくティーソーサーで蓋をして蒸らすと
葉が開いて香りも増し 美味しいです。
あ もちろん ちゃんとティーポットだってティーコージーだって
持ってますけど 一人分ならこれで十分。
c0139972_20275975.jpg

英国式ならば やはりミルクをいれるそうですが もっぱらストレートで頂いてます。
     ミルクが先か 紅茶が先か
未だに議論が分かれるそうですが・・・・
ミルクは温めると臭みがでるので 冷たいままが正しいそうです。

ところで インドで広く飲まれているチャイは庶民的なもの
この飲み方は、イギリス植民地時代にインドで作られた紅茶のうち
良いものは全てイギリスに送られ、
商品にならない紅茶の葉だけが残され
ダストティーと呼ばれる、細かいほこりのような紅茶の葉を
美味しく飲む方法として作られたそうです。






ロココ時代 東方からもたらされたお茶をたしなむことは
日本や中国の陶磁器とともに 貴族の東洋趣味をくすぐる
最高に贅沢でお洒落なファッションでした。
お茶は とても高価だったので 鍵のついた保管箱まで あったそうです。

ヴィクトリア&アルバート博物館の マイセンの陶磁器
c0139972_20283571.jpg





ヴィクトリア&アルバート博物館 貴族の紅茶セット
c0139972_20294564.jpg




ところで お茶はお茶でも
  日本の緑茶   中国の烏龍茶  紅茶は 全く味も色も異なります。
これは同じお茶でも 発酵度合いにより味わいが違ってくるのです。
緑茶は不発酵茶
烏龍茶は半発酵茶 
紅茶は発酵茶
発酵といえども ヨーグルトなどの微生物により過程とは違い
作る工程で 茶葉自体がもつ酵素によって
発酵に似た現象が起きて 茶葉が熟成するのだそうですよ。


     東から西に旅する間に 変化していく お茶の道
     なかなか  奥深いですねえ
            

といいつつ 最近マイブームのレモン風味のチーズケーキ
あら ダイエットしてるんじゃあ?
c0139972_2032594.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-02-19 10:49 | Food
日本食が揃う T.K.トレーディングに初めて行きました。

£50以上なら無料で配達してくれますが
やはり一度 売っている品物を確認したかったですからね。
ここはスーパーというより 倉庫に近いので
場所を知らなければ 絶対たどり着けないでしょうね。
駅からちょっと距離もあるし


建物外観  看板も目立たないので 一度 通り過ぎてしまいました・・・・
c0139972_111129.jpg

( 店内の写真はありません )



あらゆる日本の商品が整然と揃っていて とても清潔。
うん これはすごくポイント高い!
だって 汚い所で買いたくないもの・・・・・
値段も ロンドンでは妥当な価格(日本の価格の2倍近く)ですし 
これならば 訪れる頻度が増えそうです。 
日本の野菜はさすがにおいていませんが 普通のスーパーで
代用できるものが手に入るので 問題ありません。
でも 大根や蓮根が食べたいなあ~  中華街に行ったら手に入るかな?


生鮮品は すべて冷凍ですが 海外では仕方ないですね。
試しに 冷凍のまぐろと烏賊の刺身を購入し
家で海鮮丼を 作りましたが
         なかなか美味しゅうございました。



そして  ”豆乳鍋”の素を買ったので早速 試してみましたが
c0139972_7442171.jpg

なんだか ”White Nabe”って感じ。
見た目がさびしいですね~
贅沢と思いつつ 春菊が恋しいの007.gif





以下 公式サイトです

T.K.TRADING

地図は サイト内にあります。

営業時間: 毎日 10:00~17:00
定休日: なし(年中無休)
住所: Unit7 The Chase Centre, 8 Chase Road,
Park Royal, London NW10 6QD
TEL: 020-8453-1743
FAX: 020-8453-0606
地下鉄: NORTH ACTON (CENTRAL LANE)より徒歩8分
HARLSDEN (BAKERLOO LANE, BR)より徒歩8分
バス: 187 (Finchley Road - Central Middlesex Hospital)
440 (Stonebridge Park - Starnford Brook)
Chase Centre前より徒歩1分
224,226,PR2 ASDA Park Royalより徒歩7分
260,487,PR1 Middlesex Hospitalより徒歩10分
[PR]
by ruchikald | 2008-02-17 16:16 | Food

嬉しい誤算

  バランスボールのエクササイズを 始めてもうすぐ1か月

今や習慣になってきて やらない日はむしろ 体が気持ち悪くなってきた。

それからベリーダンス 3回レッスンを受けて 最近感じたこと

あら? なんか 体が軽い?

そういえば NYから引越しの時 かなり腰痛に悩まされて

しょっちゅう あたたっと思っていたのに

    腰が痛くない。

しかも なんだか足が細くなっているような・・・・・?

体重はあまり変化がありませんが

2年前 日本で買って

昨年の冬 NYの自堕落生活の結果 

上から5センチの処 ふくらはぎの中間で

チャックが 全く上がらなくなった革のブーツを試しに履いてみた

あららら チャックがあがった!!!!

また これ 履けるぅぅぅぅ

バランスボールか はたまた ベリーダンスか 

もしくは 外食が減っているからか

たま~に 思いつきで飲む キトサン アフター ダイエットが利いたのか

理由はわかりませんが

思いがけなくって ラッキー049.gif



            ハイドパークの噴水 
c0139972_271892.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-02-15 17:05 |

Harrods

言わずと知れた老舗デパート Harrods
c0139972_3472956.jpg



1849年 紅茶商人のチャールズ・ヘンリー・ハロッズ氏が

始めた小さな街の食料品店だったそうです。

今やデパートというより 大混雑の観光地になっていると聞き

平日 開店直後に そ~っと覗きに行きました。

     1階は コスメ&香水コーナー 

イギリスの良いところは 化粧品コーナーのお姉さんが余り商売っ気ないところ

あのNYのデパートの

”売るわよ~  買わないと喰うわよ~”っと言わんばかりの

がっつりした黒人のおばちゃんや GAYの方の

強烈セールスが 怖くて コスメコーナーに近づけなかった私 


で ずんずん奥にいきますと 何故か

化粧品の横に食料品コーナーが?


Harrodsロゴ入りチョコや紅茶のコーナー
c0139972_3505440.jpg




アジア系の観光客が多いのか お総菜は中華と日本食が目立ちます
c0139972_3481219.jpg


寿司コーナーも
c0139972_3484583.jpg


そして ど~んと オリジナル グッズコーナーも
c0139972_3514239.jpg

もう どうだ これでもかって いうぐらい Harrodsロゴ入りバッグや

くまのぬいぐるみ035.gifが 売られております

そういえば 日本でも むか~し むかし  そのまた昔

サブバッグが流行りましたねぇ~

でも 今だに 色々なバージョンがあり  気がつくと  


ロゴ入りバッグを何個も握りしめてるじゃないっ?!

 ぎゃ~ Harrodsの作戦にまんまと 引っかかっているし・・・

    日本の家族よ・・・いつか きっと郵送するから

    気長にまっていてくだされ

スポーツコーナーには 乗馬グッズも売られていて英国らしさも ちらり
c0139972_353614.jpg


そして エスカレーターは 何故かエジプシャン ムードたっぷり
c0139972_3532913.jpg


しかし 英国って エジプトが好きなのよね~と 呑気に見学(?)していたら

故ダイアナ元王妃と 恋人の遺影が・・・・032.gif
c0139972_354193.jpg


なんとこのエジプトコーナー彼の家族からのドネーション(寄付)らしいです。




そして ちょっと疲れたなあ~というときの穴場発見!063.gif

4階のCafeでは すでに正午近かったのですが

Breakfastがあり スモークサーモン スクランブルエッグ

ポット入りの紅茶 フレッシュジュース トースト&パンがついて

なんと £10.9(VAT込み)

c0139972_3543214.jpg

もう このスモークサーモンと 紅茶が絶品です。

ほほほ 束の間のマダ~ムな時間が過ごせて幸せ

 ぜひ お試しあれ!!

さらに地下フロアーでは 

各国(日本語も)のTAX REFUND(税金返金)コーナーや

Harrods Bankなんてありまして ものすごく多角化の様相。

しかしこの銀行に口座のある人ってどんなお得意様なのでしょうか?

興味あるわ~013.gif



という訳で 気がつけば ものすごくHarrodsを満喫してしまった私。

ロンドン観光に 是非覗いてみてください。

なんだかデパートというより アミューズメントパークみたいで

楽しめますよ☆

あ そういえば 穴のあいたジーパンや リュックを背負っていると

入店できないらしいので ご注意
c0139972_4175950.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-02-14 18:33 | 遊び
  明日はバレンタイン

アメリカは 男性が女性にプレゼントを贈る日ですが

英国では カップルや夫婦 お互いにチョコレートやプレゼントを交換し合い

一緒にデートする日。053.gif

バレンタイン用のカードを探していると

” Dear my wonderful husband

 今まで会った中で 最高の人

 あなたに会えて本当によかった!”

な~んて 歯の浮くような言葉が 書かれておりました。

で 熱く愛を語っている割に 英国も離婚率がとても高いです。

お互い そりが合わないと我慢せず すぐ破局

離婚したら またすぐ別の方と再婚もしちゃうという超個人主義。




一応ね 私も 野獣と連名でダンさんにチョコをご用意 
c0139972_21301100.jpg


 ”ちゃんと パパにあげてよ~”013.gif
c0139972_5164379.jpg


え~と 横取りするの ばれた?041.gif


で 今日は 別に夫婦のあり方を書こうと思っているわけでなく

こちらのチョコレート事情について

あまり食事に楽しみを見出さない人々ですから

しょっちゅう食事の間に スナックやチョコを食べる傾向があり

スーパーのお菓子売り場の充実ぶりといったら 壮観です。

また お店でも若い女性じゃなくて 男性がチョコレートを真剣に選んでいたり

道端で チョコレートバーを食べ歩く紳士の姿を見かけたりします。

で 彼らのお好みは カカオ含有量がそれほど多くない

キットカットみたいな 激甘のミルクチョコレート。

(そういえば キットカットって 英国の軍の非常食らしいですよ。)




まあ これだけチョコを食べていれば そうでしょうと言いたくなるのは

Chocoholic(チョコレート依存症)が多く

肥満の原因として 深刻に取り上げられていている事情。

チョコレートに含まれる 恐ろしい程のカロリーを

過剰に摂取していると 体に悪いですよね。

テレビでも ”これが僕の最後のチョコレート

今後 チョコを断つよ”なんて ドキュメンタリー風の公共のCMも

見かけましたっけ。

といいつつ 我が家でも 常にチョコレートが常備

”After Eight”というデザート用のチョコレート
薄いビターチョコの中に とろりとしたミントソースが入っています。
c0139972_21252843.jpg



こちらはダンさんのベルギー出張土産 
ミルクチョコが甘々ですが ついついつまんじゃう
上に乗っているのは”小便小僧”のワインオープナー
可愛いけど正面画像はちょっと憚られので バックショットで
c0139972_21284823.jpg
 


あらら? 私もかなり
Chocoholic 危険信号点滅中024.gif

今年は 健康宣言しているんじゃあ?
[PR]
by ruchikald | 2008-02-13 12:51 | Food