2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

カテゴリ:歴史( 13 )

     ロンドンの南東部に位置するグリニッジは 

いわずとしれた世界標準時間の拠点

1997年 世界遺産にも登録されています。

なぜ ここに天文台が置かれ 経度0の子午線があるのか

実際に出かけてみてわかりました。

大英帝国が世界の覇者として君臨していた時

テムズ河沿いにある グリニッジ・ピアから

帆船が海にむけて出港していたのです。

いわば この土地が世界への航海の起点だったのです。

”ここが緯度と経度の始まりである”・・・・と宣言しちゃったところが

大英帝国の過去の威光なんですが

根拠なく宣言するすごさに 圧倒されてしまいまう。



旧天文台は グリニッジ パークの中にあります。

イギリスには珍しく小高い丘があり

周囲を見晴らすには絶好の地理条件。
c0139972_23222490.jpg


丘を上りきった 観測台からの見晴らしが良いです。

向かいに見える高層ビル群は DOCKLANDS(ドックランズ)

再開発で建てられた風景は イギリスっぽくないけど

結構 かっこいいなーと思いました。
c0139972_14342620.jpg


旧天文台の時計
c0139972_14465823.jpg


レーザーの光が 正確な子午線を示しています。
c0139972_14412661.jpg


 

観光客は 子午線をまたいで 写真を撮りまくってました。

緯度と経度の境界を越えるって

本当に世界は丸いのねーなんて 単純に感動です。

なにやら ものものしい装置も展示されておりまして

西洋と東洋のはざまに 自分は立っているのねと

観光客みんな 妙にはしゃいでおりました。
c0139972_232648.jpg









丘の麓にある旧王立海軍学校はクリストファー・レンの設計

ドームを抱く 左右対称の構造が美しい
c0139972_14362815.jpg


近くによると 威圧感があります
c0139972_1437286.jpg


ペインティッド ホールの天井が圧巻

見上げなくても良いように 鏡に映る絵をみることができます。
c0139972_14403115.jpg


テムズ河沿いにこんプレートを発見

ヘンリー8世  娘のメアリ女王とエリザベス1世出生の地
c0139972_144957.jpg


グリニッジってイギリスの変革に大変 意味のある土地なんだなあ・・・・

エリザベス1世の時代 当時世界を席巻していたスペインに

小国だったイギリスが戦いを挑んて 無敵艦隊を打破したんだもんね。





残念ながら カティーサーク号は修復中でみることができなかったけれど

珍しく抜けるような青空の中で 鼻息を荒くしながら

歴史の奔流に思いを馳せた一日でした。
[PR]
by ruchikald | 2009-12-14 14:44 | 歴史

倫敦漱石記念館

    ロンドンに縁の深い夏目漱石

明治政府の特令で 国費留学生としてロンドンの地を訪れました。

漱石にとって ロンドンは かならずしも快適な地ではなく

短い滞在期間のうちに何度も 下宿先を変えています。

新しい下宿先の募集広告に

” 静かな環境で 文学に理解のある大家を求む”などと

書いているのも興味深いです。

というのも ロンドンにいながらも 大半の時間 自室にこもって

書物と格闘し勉強にあけくれる日々。

英文学を専門としていたのに 当初 

現地では英語が全く通じなくて

プライドを傷つけられた・・・・という苦いエピソードもあり

これが 漱石を猛勉強に追い込んでいたようです。
 
でも時々 気分転換に外出して テムズ河周囲や街中を散策。

そうして書き上げたのは あの倫敦塔です。

以前の私の記事はこちら
Londonerへの道 : 倫敦塔です。
c0139972_102693.jpg

実際ロンドン塔を訪れると

虚実織り交ぜた文章の巧みさに驚かさるとともに

英国への愛憎入りまざった複雑な気持ちが感じられます。




今年の6月、

1984年 恒松郁生氏という個人の方が

私財を投じて設立された倫敦漱石記念館を

訪れました。

テムズ河を超えた庶民的なエリアでありながら 

記念館のある通り界隈は 現在でも閑静な住宅街。

100年ぐらいでは 街の様子がほとんど変わらないイギリスらしく

漱石滞在中とほぼ同じ街の風景が残っています。 

実際に住んでいたのは 記念館の向かいの建物だそう。
c0139972_9475713.jpg


日本人としては唯一

ブループラーク( 業績を残した人ゆかりの地に設置されるプレート)が
残っています。
建物の中央にある小さな青いプレートが ブループラーク
c0139972_9474246.jpg



記念館の入口
c0139972_9491721.jpg


こちらには漱石に関する資料が多数残されています。

”ビクトリア女王の逝去のパレードの時に 街に見物に出かけたけれど

人垣が高くて 背の低い漱石は行列が見えなかったので 

下宿先の主人に肩車してもらった。”とか

”自分は英語なんて 全然興味なかったのに 

兄に進路を相談したら これからの立身出世には有利だし 

まだ極めている人間も少ないから

と言われ 英語を専攻しただけだ。

それなのに特例で英国で留学しろなんて 

全く心外で迷惑なだけだ”

なんて エピソードも紹介されています。

自分の本意じゃないのに 選抜されて イギリスに来たけど

思い描いていた生活と違って

困窮甚だしい・・・・なんて本音とカッコつけた姿が

漱石らしいじゃありませんか?


建物の通り沿いに残っている通称 ”ぼっちゃんポスト”は

ヴィクトリア時代から残っている物です。
c0139972_9503468.jpg

ポストの年代は 本体のイニシャルで見分けがつきます
(ヴィクトリア女王=VR)
c0139972_9513469.jpg


ロンドンの中心から 少し離れていますが

漱石の人間臭い一面が垣間見えて

とても親近感を覚えますよ~

倫敦漱石記念館
夏目漱石とロンドン:倫敦漱石記念館ホームページにようこそ!
80B,  The Chase,SW4
[PR]
by ruchikald | 2009-11-29 08:34 | 歴史

お寺の修復見学

   旅のレポートの途中ですが 閑話休題。

先日 東京都大田区の池上本門寺の宝塔の修復工事を見学いたしました。

何故に?と 思われるかもしれませんね。




以前もお寺などをを訪れる機会はあったのですが

なんとも古臭くて お説教臭い雰囲気に拒絶反応。

あまり興味がないのに無理やり連れられて

面倒臭くって 早く帰りたいなー

お寺や仏像なんてみーんな 一緒じゃないなんて思ってました。

でも 人間って変わるものです。

日本以外の遺跡に触れる機会があり

文化財が現在に残る素晴らしさに感じ入りました。

でも ヨーロッパは石の文化

対して日本といえば 地震などの天災が多い国で
 
湿気も多いうえに 木造建築。

たとえば法隆寺など1,400年以上の木造建築が

完璧な当時の状態を保っていることは奇跡に近いです。

歴史的遺産を保護しようという人々の努力を想像すると

頭がさがります。

日本の美しさに 改めて気付いて 

これだけ 素晴らしいものを 気軽に訪れることができて 

とてもラッキーだと思うように なりました。

たまたま 今回の見学会があるのを知り 

これは大変に貴重な機会だと申し込みしました。




この池上本門寺は 日蓮上人のご入滅の寺です。

日蓮は病身でいながら 身延山に戻る途中 

このお寺に立ち寄り そのまま10月13日にお亡くなりになったそうです。

季節は秋にもかかわらず 

季節狂いの桜が満開であっという

神秘的な伝承があります。

宝塔は 日蓮の荼毘所後に550遠忌を記念して

天保2年(1831年)に建てられました。

方形の台座に円形の宝塔形式の建物は 日本で唯一のもので

約50年に一度 本格的な修復がなされているそうです。

昨年12月から はじめられ 来年の3月に公開予定。

塔の周囲はしっかりと足場が組まれ

外観はすっぽりとビニールシートで覆われています。
( 携帯の写真なので ちゃんと撮れていなくて すみません)
c0139972_11564764.jpg


台座の奥の彩色は 和紙で保護されていました。
c0139972_11554415.jpg


そのまま 足場を上って 塔の上部まで拝見

銅板でおおわれた屋根
c0139972_11561918.jpg


龍や鳳凰をかたどった鏝絵が屋根のすぐ下の軒に 飾られています。

その鏝絵の欠損部分も修復した後 

全ての顔料を落として 岩絵の具で 職人さんが 入念に彩色を施していました。

手前のタッパーに 顔料が入っています。
c0139972_1157622.jpg

c0139972_12201711.jpg



何人もの方々が 文化財を保護するために

膨大な手間をかけている

それは ”過去のものを未来に継承する”という 一つの思いであり

使命なのですね。

良いものを見せていただきました。
[PR]
by ruchikald | 2009-10-26 18:02 | 歴史
   以前から行ってみたいと思っていた ”旧手術博物館”へ

1822年 ジョージ4世の時代

当時 医療の最先端施設として開設されました。


入口は ドクロのモチーフ
c0139972_4145148.jpg


妖しげで 人目をさけるような狭い階段を上がると 受付。

さらに受付横の階段をすり抜けると 

ロンドンの裏社会が再現されたような展示室へ導かれます。

霧と闇の古のロンドンへ タイムスリップしたような

錯覚を覚えます。



さまざまな薬草も展示されいていました。
c0139972_474419.jpg

他にも 見学者がいたはずなのに 気がつくと

私ひとりっきり・・・・ 急に背筋がぞおおおおお

振り返ると 黒い人影

         ひゃあああああああ

当時の医者を模したマネキンでした。






慌てて 別室へ

こちらは 医学生のための公開用の手術室です。

手術の様子を 閲覧できるようにギャラリー様式になっており

まるで 大学の小講義ホールのようです。
c0139972_48319.jpg


c0139972_48564.jpg



当時 まだ手術の技術は完成されていないばかりか

麻酔や消毒が十分でないままに手術が行われていたそうです。

当然 生存率はかなり低く 本当に生体実験ですね。

おそろしや

1862年 ナイチンゲールによって閉鎖されたそうです。

一味違った ロンドン観光にいかがですか?

The Old Operating Theatre Museum
9a St. Thomas St.
( 最寄駅は London Bridge Station)
開館 10:30- 17:00
休   12月25日~1月5日
[PR]
by ruchikald | 2009-06-23 04:19 | 歴史

ハンプトン コート

  週末は 英国らしからぬ 抜けるような青空だったので

リッチモンド パーク近くの ハンプトン コートに出かけました。

これは 1514年に ヘンリー8世の側近 ウォルズィが建てた豪華なお城です。

完成当時 チューダー様式の建物があまりに見事だったので

ヘンリー8世に横取りされてしまったという いわくつきの建物。
c0139972_7273892.jpg


その後 歴代の王の居住地として使われていました。
c0139972_728829.jpg




”俺のものは 俺のもの、 お前のものも 俺のもの”

まるで どらえもんのジャイアンみたいな王様

クィーン エリザベス1世のお父さん  ヘンリー8世 
c0139972_7284637.jpg

あまり良い評判を聞かないヘンリー8世ですが

実は 政治的手腕に長けたすぐれた為政者だったそう。



とはいえ やはりちょっと問題アリの王様

5番目の王妃は 自室に軟禁され

そっと逃げ出して チャペルでお祈りを上げようとしたところを

捕えられ 後に処刑されました。

今でも 夜な夜な彼女の幽霊が出るという噂の廊下(ホーンテッド ギャラリー)も

見所の一つです。




建物の中には 16世紀の王室の台所が再現されている チューダー キッチン

当時の活気のある様子を 伝えています。

ガイドが当時の服装で 忙しげに調理していました。
c0139972_7311427.jpg


ろうそくの型をつくっているおじさん
c0139972_7423520.jpg


ワインの貯蔵所 
c0139972_7342341.jpg




そして 整然と整えられた英国式庭園  
c0139972_7314133.jpg


薔薇の花が 見事に咲いており 観光客の目を楽しませていました。
c0139972_7331472.jpg



見どころ満載  歴史に触れた楽しい一日でした。
[PR]
by ruchikald | 2008-06-09 07:45 | 歴史

兵士 ハリーの帰還

  昨日の タブロイド紙”thelondonpaper"によると

チャールズ皇太子と 故ダイアナ王妃の二男

ハリー王子(23歳)が アフガニスタンのタリバンとの

敵地から500ヤードしか離れていない英軍基地より帰還するそうです。

c0139972_1422825.jpg


タリバンの標的がハリー王子に集中する危険がある為だと

報道されていました。






英国は 地理的に米国よりも中東に近いはずなのに

米国との”おつきあいで参戦”していることを

時として忘れてしまいそうになります。

というのも 米国に比べて 報道がかなり規制されているのか

メディアでも 紛争地区のニュースを見かけないからです。

それだけに ロイヤル ファミリーでありながら 

ハリー王子が一兵士として従軍して

しかも最も危険な地域に派遣されていることが とても衝撃的でした。

たしかに 愛国主義を鼓舞するボランティアかもしれませんが

英国人でない私は 勇気と正義をはき違えているのでは?と 頭を傾げたくなります。

国際的に 非常に影響力のある立場なので

むやみに 紛争地を刺激しないことが 最大の貢献だと思いますが。





マンハッタンの グランド ゼロは何度見ても

語る言葉を失ってしまうのですが

それ以降の暴力の連鎖は 人間の叡智で避けなければ ならないはずなのに・・・・


駐屯しているテント内での写真 ハリー王子本人
c0139972_145926.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-03-01 16:45 | 歴史
何かと 日本ではお騒がせな中国ですが 

ロンドンでは今 Chinaが 熱いです。

今年開催される 北京オリンピックを見越したイベントが各所で行われています。

称して ” China in London  ”
c0139972_431585.jpg

↓ 紹介サイトはこちら
China in London | Transport for London


旧正月を祝う獅子舞  at Harrods
c0139972_413022.jpg




 056.gif2/4(月)~3/10(月) AM8:00-PM8:00

The Queen’s WalkのCity Hallにて 歴史と文化を紹介する

中国の写真展を開催




  


 056.gif2/6(水から1ヶ月間 オックスフォード サーカスにて

チャイニーズ ランタン( 提灯 )が灯され オリエンタルなムードを盛り上げます。

紹介サイトより画像を拝借
c0139972_3521019.jpg





また 私はいけなかったのですが 

056.gif本日2/10 チャイナ タウンにて旧正月のパレードが行われました。




056.gifさらに 4/6 (日) ロンドンの市内で80名のランナーによって

北京オリンピックのトーチリレーが予定されています。

その炎が 北京に繋がっているかと思うと 感動的ですね~ 



先月 英国のゴードン・ブラウン首相も中国を訪問し

オリンピックの成功のために 英国も援助を惜しまないこと

またロンドンが次のオリンピック開催都市として 

今後 中国との関係を強化することを

約束したそうです。051.gif

それはね 勿論 とても喜ばしいこと。

でも これからますます国際的に飛躍を遂げるためには

中国が越えなければならないハードルがあるように 思うのですが・・・・ね

c0139972_435255.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-02-10 19:09 | 歴史
ホガースハウスを後にして 

お隣のChiswick Park(チズウィック パークに足を伸ばしました。
c0139972_1962141.jpg


Conservatory(温室)内には 無数の椿が咲いておりました。
c0139972_199559.jpg




このあたりの Chiswickは その昔 バーリントン卿が代々所有していた地域で

現在公園となっている敷地内には 邸宅も現存して

冬期以外は 建物の中を内覧することもできるようです。

第3代バーリントン伯爵は リチャード・ボイル(1694-1752)という本名をもち

第4代コーク伯爵と 複数の貴族の称号も名乗っていたそう。

   イギリスの貴族って ややこしいのね。

彼は 特に芸術と建築をこよなく愛し 特にイタリアへの憧れを 募らせるあまり

ローマに現存する建物を そっくりコピーしてしまったそうです。

建物正面
c0139972_1994397.jpg



庭側
c0139972_19103370.jpg


また 敷地内の庭園や 門、 彫像に至るまで

ローマ式にアレンジされていて 非常に開放的な空間が

演出されています。 
c0139972_1911894.jpg


c0139972_19113677.jpg


c0139972_1912123.jpg


c0139972_19234395.jpg



細部にも徹底的にこだわり イタリアのヴィラ風を狙っている様子

お分かりになりますか?




    イギリス人の イタリアへのあこがれ

これは 当時の貴族はもちろん 現在のイギリス人も

思い入れは 相当なもの。  だって

      明るい太陽058.gif

      美味しいワインと 食べ物 

      街 そのものが芸術

      美男美女が巷にあふれ 情熱的に恋を語り053.gif

      陽気に人生を楽しむ・・・・・ 070.gif

 み~んな イギリスには 
      無いものばっかりですから


当時 イギリスの貴族は 子女の教育の総仕上げとして

グランド ツアーと称し こぞってイタリアに旅行に出かけたそうです。

そういえば 映画 ”眺めの良い部屋”は ヘレン・ボナムカーター演ずる

貴族の娘がイタリアのフィレンツェに旅行して 

そこで 恋に落ちるというロマンチックなストーリーではありませんでしたか?

ちょっと うらおぼえだけど・・・・

余談ですが このチズウィック ハウスにて ビートルズが

” Papeback writer"と ”Rain"のプロモーションビデオを

撮影した場所だそうです。

是非 夏にもう一度 訪れて 偽イタリア体験したいです。。。。。。と 書きつつ 

私たちも既に ”イタリアに行きたい病”が発症しつつありますぅ。006.gif

2月5日

売り為替
米ドル  107.77
ユーロ  159.78
英ポンド 214.79

日経平均  13,745.50 (-114.20)
NYダウ   12,635.16 (-108.03 2月4日)
FTSE    6,026.2  (-3.0  2月4日)     
[PR]
by ruchikald | 2008-02-06 10:35 | 歴史
   今回の旅は ロンドンの南西郊外

District lineの”Turnham Green”から 徒歩10分ほどの

Hogarth’s House(ホガース ハウス)と Chiewick House。

前編は ホガース ハウスのご紹介です。

William Hogarth (ウィリアム ホガース 1697年~1764年)はロココの英国画家。

街角に建てられた銅像
除幕式にはなんと ホックニーが式典に招かれたそうです。
c0139972_18172612.jpg



英国ではながらく 絵画不毛の時代が続いていましたが 

ロココ様式になりやっと英国独自の絵画が生まれ 

その一端を担ったのがホガース。

特に当時の世相を痛烈に風刺したシリーズ

”当世風の結婚”が有名。

政略結婚で 愛情のない生活をを続ける上流階級の夫婦。

その不幸な結末を辛辣に描いています。

それ以外にも ”娼婦一代”   ”放蕩息子一代”などが残されています。

なんだか 江戸時代の井原 西鶴の世界ですね。

江戸の町人文化も 市井の人々の生態(?)をいきいきと 描くことで

文化が花開いたように 

ホガースも辛辣な観察眼を通して 

当時の英国の人々の生活も文化にもなりうると

気がついたのかもしれないです。

彼の銅版画に微細に描かれた 人物や事物には

様々な意味合いも含ませていたので

”読む絵画”として 人々の人気を博していたのだそうです。

マンガの走りかもしれませんね、

う~ん こういう経緯からも 日本の浮世絵との共通性が

浮き彫りになります。

なかなか 面白いテーマかもしれません。




このサマー ハウスはロンドンのひどい喧騒と 

臭気(!)を逃れるための こじんまりした別荘。

          建物入口
c0139972_18183565.jpg


裏庭より 建物の前景
c0139972_18203362.jpg


部屋のいたるところに ホガースの版画が展示されていてます。
c0139972_1819841.jpg


部屋のサイズも現在と比べ物にならないくらい 小さいし

驚くほど質素です。
c0139972_18193255.jpg


ホガースは芸術家でありながら 商才もあったようで

シリーズの絵を競売にかけて 値段を釣り上げて ブームをつくり

その絵をもとにした銅板画の予約も受けていたそう。

また 同時に自分の絵のコピーが出回るや

議会に働きかけて 著作権法を制定させるなど

政治的な手腕もあったようです。

ただの 芸術バカじゃ なかったんですね~



2月4日
売り為替
米ドル  107.83
ユーロ  159.65
英ポンド 214.12

日経平均 13,859.70 (+362.54)
2月5日は スーパー チューズデイですね。
というか共和党って 完全に蚊帳の外
オバマさんの応援演説に 
なんとシュワルツネッガー州知事夫人(JFKの姪)が出ていたそう。
おいおい シュワルツネッガーって共和党じゃん。
民主党の応援なんかしてて良いのかしら?
[PR]
by ruchikald | 2008-02-05 09:46 | 歴史
 カムデン マーケットを後にして

1723~1759年に イギリスの宮廷音楽家ヘンデルの博物館に行きました。

当時 新しいマンションだったという レンガ造りの建物ですが

大きな通りを一本入った ひっそりとした入口なので

わかりづらいロケーション。
c0139972_19462174.jpg

現在は ファッショナブルでも当時は 庶民が住む地区。

ドイツ人でプロテスタントながら 英国国教教会の王室に仕え

貴族のための 作曲していたヘンデル。

宗教上の違いを軽く乗り越えて  

職業作曲家として 精力的に作品を残したところが

したたかな印象を受けますね。




ハレルヤ コーラスで有名な 壮大なオラトリオ ”メサイア”を

なんと 約20日で書き上げたそうで その集中力は人智を超えています。

作曲にいそしんだ部屋は 薄暗く こじんまりしていました。
一つしかない小さな窓から覗いた風景
c0139972_19313643.jpg


目の前に広がる路地裏の ひっそりした風景と

構築的なヘンデルの音楽との 相異に戸惑いを覚えます。

華やかな宮廷音楽家としては つつましい生活を 送っていたのでしょう。

c0139972_19335395.jpg



仕事を精力的にこなしていたので 生前はかなり財をなし

美食家でならしていたそうですが 

非常に癇癪持ちで

生涯独身を貫き 生き様で人々の注目を浴びることは 少なかったよう。

プライベートは 今なお多くの謎に包まれています。




ところで このヘンデルの住居と同じ敷地内に 

伝説のギターリスト ジミ・ヘンドリックスも

住んでいたことがあるそうです。

ジミもヘンデルの音楽的インスピレーションを受けながら

日々を送っていたのでしょうか?
c0139972_19451981.jpg





Handel House Museum

23-25 Brook St. W1
月曜 1/1  、12/24~26休館
入場料 £5
火~土 10:00~18:00 (木 ~20:00)
日    12:00~18:00
[PR]
by ruchikald | 2008-01-29 10:10 | 歴史