2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

カテゴリ:遊び( 35 )

ロンドン観光

ロンドン滞在2日  午前中 大英博物館へ
e0138195_2211696.jpg


いつも クールなCちゃんですが 正面玄関を目にした瞬間

   ”いやああ  まずい 

かっこよすぎるぅぅぅ~”
と絶叫!

エジプト ギリシャ ローマ イスラム アフリカ美術のコレクションを

精力的にまわり  彼女の仕事のアイデアを沢山仕入れていたようです。


エジプトの巨大な彫刻
c0139972_19265630.jpg


ロゼッタ ストーン
c0139972_19273925.jpg


パルテノン神殿の 彫刻
c0139972_19283393.jpg


たまたま 別の見学者の中に目の不自由な方々も いらしたのですが

世界の宝物であるギリシャ彫刻を手で 触って 確かめていました。

う~ん 大英博物館 なかなか懐が深いぞ~ やるなあと

ちょっと 英国に惚れてしまった瞬間です。

 


なんと 彼女 博物館内だけで 撮った写真の数は170枚!

その貪欲な姿勢に 私も大いに刺激を受けました。

一人ならば どうしても視点が偏りがちですが

全く異なる観点から 知っていると思い込んでいる物を改めてみると

違ったものが見えてきます。

ギリシャ彫刻の髪形や
c0139972_1935595.jpg


メソポタミアの髪飾りをつけた伝統的な髪形を バシバシ写真にとって

    ”すっごく沢山アイデアを頂きました。
 
     贅沢な時間だ~!” と ご満悦。

因みに彼女の 格好いいWebsiteは こちら (写真の無断転用は おやめくださいね)
  ↓
Chinatsu Nobe ::: Hairstylist



その後 ロンドン塔へ
e0138195_2224113.jpg


タワー ブリッジ
e0138195_2234152.jpg

いかにも ロンドンらしいお城と 橋の姿を見てとても感動し

しばしテムズ河のほとりで ぼんやりと思索にふけっていました。





3日目 バッキンガム宮殿の衛兵の交代式を見る予定でしたが

連日の疲れから 起きるのが遅くなって 現地に到着したのは

式が終わった12時ころ。

そういえば この衛兵の交代式は 4月~7月は毎日でしたが

それ以外の月は 隔日。

事前にスケジュールを確認したところ

(私は 日系の旅行会社に 電話できいてみました)3月は 偶数日とのこと。  

月によって異なるので 確認要です。

因みに 式典の様子がよく見えるポイントは 宮殿前の

ヴィクトリア女王記念碑の台座。
e0138195_2243418.jpg


行進してくる騎馬隊も 交代する衛兵の様子もよく見えるそうですよ。


翌日の 午後1時のフライトで旅立っていったのですが

本当に駆け足な観光のダイジェスト版でしたが

とてもロンドンの街を楽しんでいたようです。

NYとは 違ったヨーロッパの歴史と伝統が 

英国のクラシカルな魅力といえるかもしれませんね。




さて お土産として 近所のスーパーで 大量にハーブティーを購入していました。

やはり紅茶の国ですから とても安くて美味しいし 

パッケージも すごく可愛いです。

 そして レモン カードという レモン風味のペーストも お買い上げ。

最近私も はまっていて 朝食のトーストに塗ったら

気に入ってくれたみたい。

レモンパイの中身みたいで コクがあり 美味しいんです。
c0139972_1939181.jpg





無事 NYに到着した彼女から 

” 大量にかった紅茶の山に ふふふっと笑いながら

 ロンドンの余韻に浸っています!”という メールが届きました。

今回の旅が 心の栄養になったようで ツアーコンダクター冥利に尽きますね。



   ところで 張り切って今回ツアーガイドを務めましたが

4月から 私 あるスクールに通います。 

かなり ハードなスケジュールになりそうなので 

本当に 本当に 大変申し訳ないのですが

今後 ロンドン行きをお考えの方は 

観光にお付き合い出来かねる可能性がありますので

日程などを あらかじめご連絡くださいませ。

もちろん 遊びに来ていただくのは 大歓迎なのですが

まだ 始まっていないので どのような状況になるか わからないのです。

どうか ご理解のほど よろしくお願いいたします。040.gif
[PR]
by ruchikald | 2008-03-10 10:25 | 遊び

初めてのお客様

  前述したとおり 3月4日~7日まで NY在住のお友達Cちゃんが

遊びに来てくれました。

彼女は もともと私の 髪をカットしてくれていた ヘアスタイリストさんですが

今ではなんでも語り合える友達です。

4日の朝 6時半到着予定のフライトだったので

”わざわざ空港まで迎えにきてもらうのは 申し訳なく

自力で最寄り駅まで 行きます!

英語喋れるから 全然 問題なく 大丈夫ですよ~”と

メールを返してくれましたが

本当にたどり着けるか 本当に不安でした。

で 1時間フライトが遅れましたが 無事駅まで到着!

改札で彼女の顔を見たときには

 ”よく自力で来た 偉い!”と思わず ハグ!

それから 午前中は休んでももらって

午後から 国会議事堂(ビッグベン)

c0139972_6213042.jpg
 
”やばい! ロンドンに来た~って感じっす!”と テンション一気に

あがりまくりのCちゃん

ここは 最もロンドンらしい風景かもしれません。


徒歩圏内のウエストミンスター寺院
c0139972_6493245.jpg




そして ”クジラの標本が見たい!”というリクエストで

地下鉄に乗って自然史博物館へ
c0139972_6252844.jpg


短時間でさくっと 観光。

夜は ダンさんと合流し モロッコ料理店の”Pasha”へ
(1 Glousester Rd   ℡(020)7589-7969)


彼女の歓迎会を開きました。
c0139972_629531.jpg

とてもエキゾチックな店内の装飾 そして 料理がものすごく美味しかった!

前菜盛り合わせ
c0139972_6293575.jpg


左より クスクス、 ラムとチキンのBBQ、 タジン
c0139972_6301423.jpg


私 ここに住みたいと 真剣に思ってしまう素敵な内装。


そして なんと ベリーダンサーのパフォーマンスもあり一気にテンション上がりまくり
c0139972_632688.jpg


ダンサーからの 挑戦に私も 日本代表として参加いたしましたよ~

気がつくと 勝手に体が動いてました ははは

日頃の成果がこんなところで 発揮されるとは・・・・

そして なんとダンさんも ダンサーの誘いにのって嬉しそうに

踊っているではありませんか! 

    おもろい夫婦や


”楽しそうでしたね・・・ というか自ら率先して踊ってましたね”と Cちゃんはびっくり

それから 店の前で 苺のフレーバーの水煙草に挑戦

思いっきり吸って せき込んでしまった すごく格好悪い!
c0139972_6394969.jpg


お客様を差し置いて 自分が盛り上がってしまいました。

もっとベリーダンスを上達して また遊びにくるぞ~
[PR]
by ruchikald | 2008-03-09 06:44 | 遊び

パブ デビュー

仕事帰りのダンさんと待ち合わせしてパブに行ってきました。
c0139972_19364470.jpg


”THE HAVEN”という店名ですが 何故か我々は

”タバーン ( TAVERN )と呼んでます。

ぱっと見たままのイメージ (途中の字が欠落して)で呼んでいるうちに

二人の間で”タバーン”が定着してしまいました。

で TAVERNも居酒屋という意味ですが

辞書によると”特に むさ苦しい低級な居酒屋”と注釈がありますわ。

でもお店の名誉のためにいいますが 店内は小綺麗、

それでも うちではやっぱりここは”タバーン”だな。

ところで 話は飛びますが

先日ネットショップのサイトを見てて

”イギリス風パンツが流行”と書いてあるのをみて

   ほおお  イギリス風って

   ロンドンにいても知らんかったわ で どれどれ どんなん?と

よく 見ると ”レギンス風”って 書いてある。 

もう カタカナさえちゃんと読み取れなくなってるから 私の脳みそ。

c0139972_4153797.jpg

・・・・・・ 別に 普通の パンツだと思うんだけどな・・・・・・・・



で 話は元に戻して こちらは正真正銘のイギリス風パブ
入口が高くなっていて 店内を見渡せます。
c0139972_19424338.jpg





いつも地元の人たちで 賑わうパブは

Public houseの短縮語で いわゆる居酒屋。

人々の社交の場で 昼間から 結構みんなパブでビール飲んでいますね。

こちらでは水も無料じゃないし コーヒーと同じ値段ならば

じゃあ ビールって感覚なのでしょう。

 

カウンターで飲み物や 食事を注文し その場で会計を済ませます。

ここでビールの量ですが

1パイントは 英国は約0.568l  米国は約0.473l

量が国によってちょっとちがいます。

店員が注文を受けてから 銘々のグラスに注いでくれ

そのまま好きな席で ぐいっと頂き

お代わりしたければ 自分でまた注文。

体が沈みこむぐらい大きなソファー   気取らない雰囲気がリラックスします
c0139972_19442780.jpg


パブでは お客より偉いのは店主で

” 理由を説明することなく 酒類の販売を拒否する”という法律もあり

乱れるくらい泥酔した客の注文を拒否できるそうです。

そういえば カウンターに立っていたのは若い女性でしたが

媚を売るなんて言葉は ドーバー海峡に捨ててきたのかと思うぐらい

ニコリともせず ドスがきいて 迫力もあり 

威厳のある立派な体格をなさっていたっけ。

        そんなの関係ないじゃない ですと? 

だって 変に愛想を振りまかれるより

余計な気が散らず  飲むことに専念できるじゃないですか。

これは気軽でいいですね~

それと日本の居酒屋のお酒を差しつ 差されつって感覚 

         あれどうにかなりませんかね?

お酌したり強要したら禁固10年という法律できないかなぁとおもうぐらいのワタクシ

         あらら   また話が脱線しました・・・・・


注文したものは おなじみのフィッシュ アンド チップス(奥)にラザニア(手前)
c0139972_19452561.jpg

ラザニアは”これ ラザニアだよ”って 言われなければ

なんだかわからない ちょい微妙な調理方法でしたが

フィッシュ アンド チップスは 美味。

魚の衣の表面はかりっと  で中はふわ~っと仕上がり

フライトいうより フリッターに近いですね。

淡白な白身魚に 油がいい感じにからんで 美味しい!

英国の主食は じゃが芋と いわれるだけに

チップスはだいたいどこで食べても 外れがないです。

しかし ビールに揚げ物 じゃが芋という組み合わせ 究極にお腹が膨れるわ。

摂取カロリーを考えると ちょっと恐ろしいけど・・・・




2階はパーティールームになってます。

イングランドの旗が飾られて フットボール観戦のときは

さぞや盛り上がるんだろうな~
c0139972_1947540.jpg


[PR]
by ruchikald | 2008-02-21 11:57 | 遊び

Harrods

言わずと知れた老舗デパート Harrods
c0139972_3472956.jpg



1849年 紅茶商人のチャールズ・ヘンリー・ハロッズ氏が

始めた小さな街の食料品店だったそうです。

今やデパートというより 大混雑の観光地になっていると聞き

平日 開店直後に そ~っと覗きに行きました。

     1階は コスメ&香水コーナー 

イギリスの良いところは 化粧品コーナーのお姉さんが余り商売っ気ないところ

あのNYのデパートの

”売るわよ~  買わないと喰うわよ~”っと言わんばかりの

がっつりした黒人のおばちゃんや GAYの方の

強烈セールスが 怖くて コスメコーナーに近づけなかった私 


で ずんずん奥にいきますと 何故か

化粧品の横に食料品コーナーが?


Harrodsロゴ入りチョコや紅茶のコーナー
c0139972_3505440.jpg




アジア系の観光客が多いのか お総菜は中華と日本食が目立ちます
c0139972_3481219.jpg


寿司コーナーも
c0139972_3484583.jpg


そして ど~んと オリジナル グッズコーナーも
c0139972_3514239.jpg

もう どうだ これでもかって いうぐらい Harrodsロゴ入りバッグや

くまのぬいぐるみ035.gifが 売られております

そういえば 日本でも むか~し むかし  そのまた昔

サブバッグが流行りましたねぇ~

でも 今だに 色々なバージョンがあり  気がつくと  


ロゴ入りバッグを何個も握りしめてるじゃないっ?!

 ぎゃ~ Harrodsの作戦にまんまと 引っかかっているし・・・

    日本の家族よ・・・いつか きっと郵送するから

    気長にまっていてくだされ

スポーツコーナーには 乗馬グッズも売られていて英国らしさも ちらり
c0139972_353614.jpg


そして エスカレーターは 何故かエジプシャン ムードたっぷり
c0139972_3532913.jpg


しかし 英国って エジプトが好きなのよね~と 呑気に見学(?)していたら

故ダイアナ元王妃と 恋人の遺影が・・・・032.gif
c0139972_354193.jpg


なんとこのエジプトコーナー彼の家族からのドネーション(寄付)らしいです。




そして ちょっと疲れたなあ~というときの穴場発見!063.gif

4階のCafeでは すでに正午近かったのですが

Breakfastがあり スモークサーモン スクランブルエッグ

ポット入りの紅茶 フレッシュジュース トースト&パンがついて

なんと £10.9(VAT込み)

c0139972_3543214.jpg

もう このスモークサーモンと 紅茶が絶品です。

ほほほ 束の間のマダ~ムな時間が過ごせて幸せ

 ぜひ お試しあれ!!

さらに地下フロアーでは 

各国(日本語も)のTAX REFUND(税金返金)コーナーや

Harrods Bankなんてありまして ものすごく多角化の様相。

しかしこの銀行に口座のある人ってどんなお得意様なのでしょうか?

興味あるわ~013.gif



という訳で 気がつけば ものすごくHarrodsを満喫してしまった私。

ロンドン観光に 是非覗いてみてください。

なんだかデパートというより アミューズメントパークみたいで

楽しめますよ☆

あ そういえば 穴のあいたジーパンや リュックを背負っていると

入店できないらしいので ご注意
c0139972_4175950.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-02-14 18:33 | 遊び
  様々な謎に挑戦したシャーロック ホームズの住んでいたところが

博物館になっている。

しかも なんと親友のワトソン氏 自ら部屋を案内してくれるとなれば

ロンドンに住んでいる間 一度は訪れなければ!!!

Baker St.の地下鉄は ホームズの横顔のタイル絵がいたるところにあります。
c0139972_20254112.jpg


よく目をこらすと 小さなホームズの横顔の集大成で

遊び心 満載です。

そして駅から地上にでると またまたホームズがお出迎え
c0139972_202705.jpg


もともと コナン・ドイルが執筆したころ

ホームズの住まいという設定のBaker St.は 100番地まで

存在しませんでした。

また 土地の整備した後 221番地は Abbey National BKの

敷地内でしたが 

探偵小説の枠を超えて 実際に 銀行に謎解き依頼が後を絶たず

わざわざ 手紙に返事を書くという部署もあったそうで・・・ 

これはなかなか ユーモアがありますね。

ワトソン氏と ともに・・・
ホームズの帽子をかぶって一緒に記念撮影
c0139972_2021584.jpg


ワトソン氏の部屋は 通りに面して 臙脂色の壁で温かみがありますが

ホームズの部屋はグリーンでちょっとクールな印象。

二人の性格の陰と陽が 表れているのも面白いです。

物語の一場面を再現した蝋人形も あって

大人も童心にかえる博物館です。
c0139972_20222358.jpg


けれど子供のころには 知らなかったホームズの一面も・・・・・

なんと 彼は コカインを愛用していたのです。

コカインは”脳を活性化させる薬”として 利用されていたという

当時の嗜好を知り驚きました。 

犯罪者の心理を うまく推理できるのは

自らがコカインを愛用していたからか? 

探偵小説の人物ながら まるで実在の人物のように

愛されているホームズ。

そのユーモアを大切にしている様子が とても微笑ましいと

感じた午後でした。

221b Baker St NW1 ( 実際の221番地ではありません)
休 なし
9:30~18:00
£6




1月28日 
売り為替
米ドル  107.84
ユーロ  158.19
英ポンド 215.54

日経平均  13,087 (-541.25)
NYダウ   12,254.72 ( +47.72  28日現地AM11:00)
FTSE     5,789.7  ( -79.3)
[PR]
by ruchikald | 2008-01-29 11:01 | 遊び

カムデン マーケット

  ロンドンの街中には さまざまなマーケットが立ちます

Camden Town駅から すぐ近くにあるCamden Market
c0139972_18265536.jpg


かな~り ロックテイスト  
c0139972_18291464.jpg


ゴシックなドレス    
c0139972_18283850.jpg
 

c0139972_18304981.jpg


残念ながら ここでは 買うものは見当たらないなあ

人の流れに身を任せて 運河の方まで 足を伸ばします。
c0139972_18323865.jpg


運河を超えると The Stables Market

もともと厩舎だった なんとも古めかしい雰囲気の建物
c0139972_18364569.jpg


ラッパで時刻を知らせるコスプレおじさん・・・・ そういえばお腹がすいたな
c0139972_18374790.jpg


色々な屋台から 美味しそうな料理の匂いが食欲を誘います・・・

中華 インドが多いですね。 
世界の胃袋は 華僑と印僑で 支えられている感じ。
c0139972_18431523.jpg


さて 何の収穫もないままでしたが さらに奥まで行くと

アンティークを扱っているエリアへ
c0139972_18465115.jpg



少し曇ったガラスは なかなかノスタルジック
c0139972_18472099.jpg


英国の人は 本当にアンティークが大好き。

ひやかしの客ものんびり品定め それを 余裕で構える売主の姿

お目当ては 見つからなかったけど

さすがに古いものを大切にする英国 

玉石混交かもしれませんが (いや 石々混淆かもしれないけど)

なんとも言えない 味わいがありました。
[PR]
by ruchikald | 2008-01-27 11:00 | 遊び
さて ロンドンでも ガイドブックに書かれない名所

 ”安近短の旅”シリーズを続けていきたいと思います。

地下鉄 District lineもしくはPiccadilly lineの

”Acton Town”より徒歩 1分の

Gunnersbury Park (ガナズベリー パーク)。

こちらは 1,000年ほど前にすでに王族の領地で

その名は Knut王の娘 Gunhildaからの由来だそう。

18世紀には George 2世の娘 Amelia姫が

庭園を整え 現在もそのまま保存されて

一般に解放され 市民の憩いの場になっています。
c0139972_081687.jpg
 


c0139972_017335.jpg





19世紀には ネイサン ロスチャイルド氏が所有し

カントリーハウス風の邸宅を建て 当時の風物も展示中。
c0139972_015338.jpg


使用人達が 主人家族に従事していた様子が伺えます。

使用人と一口にいっても その仕事内容と技量により

お給金の額も異なっていたようで

使用人の採用広告も展示されて 興味深かったです。

召使とはいえ 彼らの組織の中にも

しっかり階層があったことが伺えます。

また 実際に使用されていた クラシカルな馬車も展示され
c0139972_0221639.jpg


つい近代まで 人が移動するのも 大変な時代だったのだなあ

と 想像したり・・・

珍しくお天気に恵まれた週末 のんびりと過ごしました。








 Gunnersbury Park & Museum

Admissiion Free
Open: Park  AM 8:00- Sunset
Museume AM11:00-PM5:00
( PM 4:00 Nov.-Mar.)

[PR]
by ruchikald | 2008-01-13 14:57 | 遊び
 これも先月の話題ですが ロイヤルオペラ ハウスに行ってきました・・・




と さらりと書いてますが

私は 今までいわゆる”コヴェントガーデン”と 

”ロイヤル オペラ”は 

別のオペラ ハウスだと ず~っと勘違いしていたんです。

新婚旅行もロンドンで

ロイヤルオペラ ハウスで オペラを見たはずなのに

ああ 豚に真珠 ルチカにオペラです。 

コヴェント ガーデンは地名で オペラハウスの裏手に

市場 (コヴェントガーデン マーケット)がたっており 

その昔 市場の隣に建てられた市民の娯楽の場である劇場が

オペラハウスに様変わりしたようです。



●●年前に ここを訪れたときと比べて

古い劇場の隣に 敷地も増築されていて

レストランやカフェには 吹き抜けのスペースがあり

開放的になっていました。

c0139972_1650427.jpg


また飲み物や軽食は 舞台が始まる前に予約でき

休憩前に 予め用意されているシステム。

カウンターで並ばずに すぐ自分の欲しいものを口にできるので

なかなか 効率的なサービスだと思います。

そして 今回の私達の席は 

 なんと £7!

席から馬蹄型の舞台をみると こんな感じです。
c0139972_16522724.jpg


ちょっと Partial view( 一部 舞台が見えない処あり )ですが

天井に近いので声もよく聞こえるし 

オーケストラの反響も気にならず 全く問題ありません。

これはお得です。

オペラを見るときに 事前の予習ができれば最適ですが

そうでなくても 舞台の上に英語のサブタイトルもでるので

原語がわからなくても 楽しめます。

ちなみにチケットの値段は NYの相場より安いらしく

普段の物価の感覚で行くと観劇やコンサート、オペラやバレエは

どの都市よりも 庶民に身近な娯楽です。

ううう~ん さすが 

いつも 英国の文句ばかり言っておりますが

英国人のインテリジェンスの高さには やはり頭が下がります。

知的欲求を満たすという点では ロンドンは優れているのと

認めざるをえません。

  


  オペラ ”チェネレントラ(シンデレラ)”はロッシーニの作品。

これは初めて見ましたが 何故かストーリーに

ガラスの靴も 魔法使いも かぼちゃの馬車も 鼠の御者も

出てきません。 

だから 普段親しんでいるシンデレラと 違うのですが

ロッシーニなので 明るく楽しく仕上がっています。

オペラ ブッファなので 早口で軽快に歌わないと

持ち味がでません・・

チェネレントラ役の マグダレーナ コジェルナは 最近人気の

メゾ ソプラノで まあ この方が女優さんになれるぐらいの美人。
c0139972_0171040.jpg



ダンさんが 写真を
  載せろ 載せろ 載せろ 載せろと

うるさく傍で騒いで あげくの果てに 自分で画像を探して

貼り付けないと 許さんと脅したのでのせました。

美人ですね はい

美しすぎて 器量ばかり話題先行しておりますが

いえ やはりそれだけでなく テクニックも危なげなく

演技も自然で 素晴らしかったです。

最後のソロの高音部は さすがに声がかすれていたため

カーテンコールの時にブーイングがでてましたが

ご本人にしたら

 じゃあ 自分で歌ってみたら?

というのが 本心でしょう。



故ゲオルグ ショルティ氏のレリーフ
c0139972_17262580.jpg



ところで オペラハウスのバックステージ ツアーがあるそうです。

所要時間1時間半で 要予約。

10時半から8名で 10時からBox Officeにて 売り出し。

また 月曜のみ13:00~(チケット配布は10:00)の

ランチタイム リハーサルが無料であるそう。

ああ オペラハウスが家から近かったら

絶対行くのに・・・・残念。
[PR]
by ruchikald | 2008-01-12 07:30 | 遊び
  日本に帰ったら 里心がついたので

が~っと 心の浮かんだ事を書きなぐっていたら

ダンさんが 昨日帰宅早々

” あのさ ブログ 古いPCで書いてる?”

と 突込みを入れてきた。

        そうそう よくわかったね。

”だって 写真がないからね (新しい写真は既にインストールできなくなった)

写真のないブログって つまんないよ。

新しいPCで 写真を付けたほうが いいんじゃない?”

 ・・・・・確かに おっしゃることはわかります。
 
     

でも なんか 糟糠の妻って 捨てられないタイプなの私。

厭きたら 購入して日が浅くても

思いっきり処分するくせに

気に入るとボロボロになるまで執着するタイプ。

で 今もしつこく古いPCで書いてます。

ええ 普段はほとんど物事に こだわらないタイプですが

時々 意味なく しつこくなります。

”あれ 壊れたんじゃないの?”って 思われた方もいるかも

そう 何度も死んだ筈なのにゾンビのように蘇り

結構最近調子いいんですわ。

ところで センチメンタルジャーニーの記事は

あまりに 湿っぽいので もう やめます。



  今日は 皆さんも大好きなセールのお話です。

クリスマスの翌日はBoxing dayといって

ご主人様が 召使に贈り物をした名残で

今ではバーゲンが始まる日。

福袋なんてものはありませんが

店によっては早朝5時から開店するようで

クリスマスで浮かれた人々が いそいそとショッピングを楽しみます。

街を歩く人も 両手いっぱいに

紙袋を提げて 嬉々としてる。

今までぐっと 財布の紐を締め上げていた私も

”セール ちょっと覗くだけ 覗くだけ”と 

ショップをはしごしてみました。

確かに Up to 75% Off (75%まで値下げ)

な~んて 赤字を見ると ふらふらしてしまいますが

 ♪よ~く 考えよう お金は大事だよ~♪
っと 口ずさみながら 自分を諌めます。

だって £1=250円ですもの
(まあ 実際は£1=230円だけど

 これぐらいで がっつり気を引き締めないと

 この国ではやっていけない)

あらああ これ安い £20になってる!って手にとって

一瞬 数字の20だけに目を奪われ

これなら買いでしょう 元の半額だしね 

とレジに向かわせようとするのが

恐るべきポンド マジック。

冷静に考えると 5,000円だもん

5,000円で これ買うかな?と思うと

熱も冷めますわ。

で 覗いたのは わが街にあるTop Shop
(モデルのケイト モスとのコラボレーションで有名なショップ
 H&Mを もっとロックテイストにした感じ )や 

Monsoon
(http://www.monsoon.co.uk/)というお洋服屋さんは

もともと若い子向きで お値段も手頃だし

ちょっと流行を取り入れるにはいい。 

しかも おばさんやおばあちゃんも若い子に混じって
 
買い物しているので 店に入りやすい。

で 店内を物色すると

日本でも流行っている七部袖のコートやジャケットも

可愛いけど来年はねえ・・・・

このテロンとしたサテン風のブラウス可愛い と思って 

やっぱり素材がねえ~っと やめちゃう。

パンツも欲しいなあと 思ってもサイズが合わない。

そう 英国のお洋服って デザインやカットが全体的に

野暮ったいのに 中途半端にセクシー路線。

さらに トップスにラインストーンやビーズ付きが多く

ニットはやたらにラメ入り

(嫌いじゃないけど 安っぽくて 

駅前商店街の安いスナックのママさんが着てそう)

素材がかなり粗雑。

品物に満足しないで セール品だからという理由で

買ったものって 将来タンスの肥し予備軍になるから

そうそうに撤退。

なんか購買意欲だけは かっかと燃え上がり

自分で必死に鎮火してるみたいで

         つまらん。  

やっぱり 買わないとセールは 面白くない。

ところで ロンドンでは

どうやら 若い子にはミーシャ バートンや ジェシカ シンプソン

リンジー ローハン(?!)

それで いまだにケイト モスなんかが

お洒落のお手本らしく

ジーパンをブーツにイン

ジャケットの下はテロテロなトップスの重ね着ですが

全体的にだらしない雰囲気。

日本人の女の子みたいに

男子に もてそうな服って あまり着ないみたいですね。

ロンドンはお洒落の上手な 可愛い子は

日本に比べて少ないです。


 おお かなり頑張ってますな
c0139972_2150676.jpg

[PR]
by ruchikald | 2008-01-08 11:52 | 遊び

チキン3段活用

   NYでお世話になったHさんから 

渡英前のお餞別に

ザガットでも高得点の ” BALTHAZAR”

(マンハッタン内の有名レストラン)の

料理本を頂きました。

この上なく 美しい料理の写真は

調理への意欲を掻き立てます。 

嬉しい事に 作り方はとてもシンプルで

腕に自信がなくても 本格的な味が楽しめそう。

丁度 ローストチキンのレシピもあったので

挑戦してみました。

コツは ゴムベラを使って チキンの身と皮の間に

ハーブ(タイム パセリ ローズマリー)と 塩 胡椒を混ぜいれた

バターを 丹念に滑り込ませること。

また (予め調理済みの首を取った)穴に

ハーブとガーリック セロリを詰め込み

中からも 味わいを増す工夫をしました。

そして 全体にオリーブオイルと 塩 胡椒を優しく擦り込み

まず フライパンで表面に

こんがりと焼き目をつけてから

約155度のオーブンで小1時間程 焼き上げます。

付け合せの野菜も 一緒に添えると肉汁を吸い込んで美味
c0139972_2175618.jpg


外の皮はかりっと 中はふわっと柔らかく

しかもハーブの香が 全体にゆきわたり 上品な味わい。

Hさん 素敵な本をありがとうございます!




翌日 余ったチキン丸ごと お鍋にいれて

お湯を加えて 滋養たっぷりのスープを作りました。

このスープでラーメンと 鳥雑炊を作ったんですが・・・

塩と胡椒だけで すばらしい出汁が出ました。

鳥さん Thanks
[PR]
by ruchikald | 2007-12-25 17:03 | 遊び