2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

カテゴリ:引越( 5 )

引っ越し (船便)

   8月20日 21日 船便出し

直前まで 引っ越しの準備をしなかったので
今回は 業者さんにパッキングをほぼ丸投げ状態です。
早くから準備したら 家の中が段ボールだらけで
かえって落ち着かないし
生活しているうちに 必要な物が出てきて
パッキングした段ボールを開封しなきゃいけない・・ということが
あったから。
しかし このお任せ状態 なんと楽なことよ。
どの荷物を船便で送るか
航空便で送るかの仕分けだけ こちらでして
後はプロの方がテキパキと作業してくださるので
気持の負担も全く違うし 
本当に ありがたや ありがたや~であります。
NYからイギリスに引っ越してきた時は
107個の船便荷物でしたが
今回 搬出し終わった時点で128個に増えていました。
中型のダンボール容積がおよそ20kgなので
約400kg増えたことになりますわ。




引っ越しと並行して
日本に帰ってからの住まいも探さなければいけません。
今はMailという便利な物があるので
日本の不動産屋さんから Mailで物件紹介してもらっています。
しかし どの物件も帯に短し たすきに長し
決定打にかけており
毎晩 夫婦二人で額を寄せながら 相談しあっております。
今は 航空写真なるもので住所を入れると 
現地と周辺地域の写真を見ることができます。
間取りでは判断できなかった 周囲の環境を
チェックすることができます。
いや 本当にすごい時代になったものだ。

そして 別の難関は 犬の輸入
これについては また日を改めて
記事を書きたいと思います。


 
[PR]
by ruchikald | 2009-08-22 04:03 | 引越

やっと荷物が入りました

 海を越えて届いた荷物たち

ダンボールを空けると 懐かしい物に再会できて 嬉しくなります。

が 嬉しがっていられない!

これを またに収納しなければいけないのですが

思った以上に収納スペースが少なくて 結構苦労しています。

しかも 狭い敷地に立っている3階立ての家なので

一日に何度も階段を上がったり降りたり。

まだ 動線に沿って物を片付けていないので

何か作業するにも 一苦労してます。

しかし 家の周囲は 本当に緑も多くて静かで落ち着いた場所。

庭に色々な種類の小鳥やリスなど可愛い訪問者が訪れ

片付けの手を休めて 目を細めています。

そして なんと 昨日は野獣の散歩の途中に

野良ネコを発見。 

でも ネコにしては随分と尻尾が長いなあと 思っていたらキツネでした。

わが家の近くに ”FOX WOOD”というキツネの保護地域もあるよう。

野獣は 猟犬の血が騒ぐのかものすごく散歩を満喫して

大喜びしています。

裏庭で空を見上げるもののけ姫野獣
c0139972_20542721.jpg


  ここのところ 毎日雲が厚く 小雨がぱらついています。

気温は 日中は7~8度 、夜は1度くらいまで下がりますが

室内はお湯が循環するヒーターが完備されているので

それほど寒くありません。

日の出は 7時過ぎ、 17時前にはもう とっぷりと日が暮れるので

夜がとても長く感じますが

こういう生活もなかなか落ち着いてよいかも知れません。

色々と書きたいことは沢山ありますが

ネット環境が整いましたら 追々ご報告してまいります。

なにしろ何事もマイペースが英国風なので

ちょっと時間がかかるかもしれませんが

みんな とても元気にしていますので

どうかご心配しないでくださいね!


ではでは
[PR]
by ruchikald | 2007-11-18 14:20 | 引越

元気です

   昨日 新しい家に無事到着しました。

航空便 船便ともまだ到着しないので 

手荷物だけのキャンプみたいな生活ですが。。。。

で ネットもつながっていないので

駅近くのスターバックスで このブログを書いてます。

色々 不便ですが みんな元気ですので まずはご報告を。

という わけで更新は大幅に遅れると思いますが

気長にお待ちくださいませ!
[PR]
by ruchikald | 2007-11-11 11:45 | 引越
   11月6日 AM10:00

日系不動産屋では 良い物件が見つからないので

 ”いちか ばちか 日系以外の不動産屋に飛び込んでみよう”という

ダンさんの提案で 希望ターミナル駅の近く

地元の不動産屋へ。 

店内に入ると 青い目の外人さん(って 自分達が外人)が 我々に注目。

えええい ここで ひるんではいかん!

探している地区 予算 部屋数 家のタイプを伝え

ネットで検索してもらいました。

2軒ヒットがありましたが 1軒は夏から残っている昨日見た家。

で もう1軒は 予算を少し超えてしまいますが

”交渉次第では もしかしたら 少し安くなるかもしれません”と 

担当者の心強いお言葉。

その後 現地に赴き 実際に家をみることに。

うっとりするほど 素敵なお屋敷を通り過ぎて 

1軒のこじんまりしたレンガ造りの家に到着。

小さな裏庭やゲストルームもありますが 狭すぎず 広すぎ コンパクトな間取り。

お風呂も改装したばかりで 水圧も十分です。

イギリスでは Furnished(家具付き)が多いので

備え付け家具のセンスも 重要なポイントです。

ここはとてもスタイリッシュなので 気に入りました。 
c0139972_4101352.jpg


そして 何より近所の公園がとても美しいので

きっと 野獣とのお散歩も楽しくなるでしょう。
c0139972_4112158.jpg



現地から最寄り駅まで 徒歩でどれだけかかるか 確認のため

私達だけで試しに歩いてみました。

綺麗に整えられた家々を横目でみながら

アップダウンもない 道のりは うきうきしてきます。

途中の道すがら こんなお屋敷を発見 

一体 どんな人が住んでいるんでしょうか?
c0139972_41444100.jpg




二人とも この物件を気に入りましたが 問題は家賃で

通常提示家賃だと予算をはるかにオーバー。

しかし 例の担当の方が 頑張ってオーナーに

値下げ交渉してくれ めでたく射程内におさまりました。

オーナー曰く

”地元の不動産屋に日本人が来るって珍しいねえ”とのこと。


で担当者は

”日本人は信用できるから ちょっと安くしてよと説得しましたよ”

いや 感謝 感謝!

期待に添えるように 綺麗に使います。



何軒か不動産屋を回っていると 同じ物件でも

提示家賃に違いがあります。

オーナーも不動産屋によって 態度を使い分けているのが

よくわかりました・・・・・・・






ところで 私たちが探しているエリアは古い建物が多いのですが

それがなんとも味わいがあって

色々とイギリスのお宅を拝見できて興味深かったです。



チューダー様式の童話に出てきそうな家

こんな家もイギリスならでは・・・
c0139972_4274683.jpg






 
[PR]
by ruchikald | 2007-11-07 19:53 | 引越

暗中模索

  11月5日 朝から小雨がぱらつきますが 

気持ちを明るくもって 家探し。

午後2時に日系不動産屋J社の案内で2軒ほど 内覧させてもらいました。

で・・・1軒目    ターミナル駅から徒歩数分 

周囲は閑静な住宅街の中に まさにヨーロッパのレンガ作りのお宅。

フラットタイプなので 数世帯で同じ敷地を共有しますが

1階ならば庭もあり ひろいベランダ。
c0139972_21144764.jpg


室内は改装したばかりでモダンな造り 

庭に面したリビングの窓が大きくて 明るく快適そう・・・

ああ はっきりいって 私は一目ぼれでした。

が 泣く泣く却下!

かなり狭かったで うちのクレイジーな荷物を収納しきれません。

初恋の人と一緒になれないような 切ない気持ちで諦めました。

2軒目 これ ダンさん出張中に別の不動産屋を通して

見せてもらった家で

まだ借主みつからず 残っていたという曰くつき。 





午後5時 別の日系不動産屋のご紹介で2軒

前述した日系スーパー”あたりや”さんの近く 駅から徒歩5分

家族向けなので リビングとダイニングがスルー
c0139972_21342067.jpg


3ベッドルーム トイレも2個 改装したばかりなのでお風呂も綺麗。

十分なスペースがあり

バックヤードも広いし 素敵なんです

が     あまりに最寄り駅が寂しすぎるし

現在手直し中なので 入居できるまで少なくとも後2週間以上かかるそう。




ところで お風呂好きな日本人にとって家探しのポイントは 水周りです。

古い家はお湯をタンクで沸かすので

お風呂の後 タンクが空になると次に沸くまで30分近くかかります。

それとシャワーの勢い

イギリスはかなり弱い場合が多いので

この2点が最重要項目になります。

で 次の家はまさに問題のタンク式の家
c0139972_21401264.jpg


不動産会社のスタッフの方は

”うちも このタイプですが 慣れたら なんてことないです”と 苦しく説明
c0139972_21242089.jpg


でも シャワーくらいたっぷり勢いで浴びたいなあ

決定打にかける一日で

二人ともしょんぼりとホテルに戻りました。
[PR]
by ruchikald | 2007-11-07 19:20 | 引越