2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

野獣 ダウンする

  フィレンツェでは よく広場で犬を連れた人を見かけました。

野獣を飼い始めてすっかり犬派になってしまった私は

( 私、ダンさん共に 双方の実家は猫派。

  小さい時からお互い猫派だったのに)

他のワンちゃんの写真も パチリ
c0139972_19562836.jpg


c0139972_1957403.jpg


c0139972_19582491.jpg


色々な犬種がいて 味わい深くってどの子も可愛かったです。

当然 預けている野獣の事が 思い出されて

夫婦の会話の80%は ” 野獣はどうしてるかなあ~? いい子にしてるかな?”でした。






  ロンドンに戻った翌日 ケアラーのおばちゃんが

車で家まで送り届けてくれました。

私の顔を見つけると 野獣は 嬉しそうにしっぽを振って ほっとした表情。

ごめん ごめん 寂しい思いをさせちゃったね。

で 車の中には 別のワンちゃん2匹もいて 

ケアラーさん いわく 野獣は仲良く別の仔とも遊んでいた様子。

”そうそう 彼女の餌 少なすぎるわよ。 預かっていた餌のボールはヨークシャ用だから

大きめなボールで餌を与えておいたわ!”

ええええ ちょっと ビーグルの底なしの食欲だと食べすぎるんじゃないの?

”大丈夫 食事が少ないのが彼女のストレスになっているから

それと 公園でノーリードで遊ばせたけど 呼んだらちゃんと傍に来たわよ。

この子 ノーリードでも平気よ!”

ちょっと  ちょっと あれほど ノーリードにしないでって 

口を酸っぱくして注意したのに。

昔 野獣が子供のころ公園でノーリードで遊ばせた時に 

他の子を追いかけて車道に出て 車にはねられた経験があるから 

絶対やめて欲しかったのに!!

それに英国では 犬の迷子がすごく多いんです。 

一時的に土地勘のないところに 預けた犬って迷ったら絶対もどってこれない筈。

とりあえず 彼女にお礼を言って 

まあ 元気に戻ってきたらいいか~としぶしぶ承知しましたが・・・・

翌日は 一日ぐったり 

2日目にはお腹をこわして 食事すら拒否

当日は外出する予定でしたが キャンセルして自宅待機しました。

やはり慣れない環境(多頭飼い)&食べ過ぎで ストレスを感じたのかな?

それと ケアラーさんの家を見学した時に

かなり散らかっていて 物があふれ

お世辞にも綺麗とは 言えない状態。

もしかしたら 変なものを口にしたのでしょうか?


ぐったり
c0139972_2014571.jpg

お世話になっておきながら文句を言うのもなんですが

こちらの注意点を守ってくれないケアラーさんは利用しないことを心に誓いました。

日本に一時帰国してくれた時にお世話になった方は すごく気を配ってくれたけど

丁度イースター休暇で 出かけるから無理と言われたんです。

また 彼女に頼もうかな?

でも とりあえず元気になって 食欲も戻りましたから 

どうかご心配しないで下さいね。

 
[PR]
by ruchikald | 2008-04-01 12:10 | 生活