2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

新しい仲間がやってきた

   郊外に住んでいるので やはり車がないと少し不便

ということで 中古の日本車を 手に入れました。

名づけて グスタフ号

由来は ダンさんの尊敬する 偉大なる作曲家グスタフ・マ-ラーに因んだのですが

なぜ 日本産なのに マーラーなのか 不明。013.gif

( ここで ブログを見た お節介大王 同居人から

 ”マーラーだけじゃなくて クリムトの グスタフも兼ねているんだ”

と クレームが・・・・

 あ~ そうでした そうでした。019.gif

( 別に わざわざ コメントでしつこく 説明してくれなくって いいからね )



ところで英国は日本と同じ右ハンドル 左側通行ですし

我が家の近所はそれほど交通量も多くない。

これなら 多少 運転が下手くそでも大丈夫そうと

●年ぶりに私もハンドルを握りましたが

これが本当に運転しやすく スムーズな走り・・・・
 
         Viva 日本車!!
が ここで やはり何かが起こる ルチカ家

お約束のアクシデント発生040.gif

購入早々 なんと 右前タイヤの空気圧が低いなあと思っていたら パンク

しっかり釘が刺さっておりました。

一言クレームをつけたダンさんに

” いや この間まで 問題なかったけれど・・・・

 なんなら お宅まで行って スペアタイヤの交換をしてあげようか?”

と 心配そうに応じる前オーナー

確かに 購入前に試乗した時は問題なかったし

悪意は感じられなかったので 自力で交換することになってしまいました。

だって 修理工を呼ぶだけで £100以上かかるのは確実だもの。

で 昨日 意を決して 初めてタイヤ交換に挑戦のダンさん

ジャッキアップするも ”こうかなあ・・・・・?”と 不安気

     だ 大丈夫ですか?025.gif

そもそもタイヤを留めている ボルトが見つからず 悪戦苦闘していると

近所の内装工事に来ている シュレックみたいな体格の

でも 小さな時はすごく可愛かったであろう 

中欧系のお兄さんが 見るに見かねてアドバイス

c0139972_4403125.jpg


”ホイールは この隙間に工具を差し込んで外すんだよ~” 

んん  本当に? でも ビクとも しないけど 

確かに外す方法は それしか考えられない。

地道に作業を続けること 30分以上

やっと はずれた~

それから スペア タイヤを装着しようとしていると

さっきの シュレック君が 

  ”タイヤ 逆向きにはめてるよ  

   で ネジの留める順番は こうだから”と

朴訥とした口調で指示   そのおかげで 無事装着。

その様子を見届けた彼は 安心したように

汚いトラックに乗り込み 爽やかに去っていったのであります。

     ありがとう シュレック 

     君がいなかったら

     グスタフを動かすことができなかったよ。




しっかり しっかり ネジを留めるの図
c0139972_4295746.jpg

しかし ダンさん よくあきらめずに頑張った 偉い 偉い!!

ということで  先日T.K.トレーディングで購入した

とっておきの生ラーメン醤油味を 3人前こしらえて

        ビールで祝杯だ~(結局 こうなる)

え~っと 何も 役に立たなかった私ですが  何か?









これで 愛車グスタフ号に 野獣を乗せて

家族でイギリスの田舎まで どんどん出かけてきますよ~

これから緑の美しい季節なので 皆様もどうかお楽しみに・・・  


[PR]
by ruchikald | 2008-02-24 19:30 | 生活