2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

ブラック キャブ

   英国で 数少なく誇れる物の一つがタクシー

 愛称 ブラック キャブ
c0139972_7503977.jpg


ピカピカに光る車体に ゴミ一つ落ちていない車内

座席の足元は広く空いて

トランクをわざわざ開けずに 荷物を置けるので安心。

この車体は ロンドン タクシー インターナショナルが請負い

エンジンはなんと 日本の日産製。

クラシカルな姿に似合わず 高性能が自慢です。

赤い車体のブラック キャブ (?)
c0139972_161317.jpg





ご存じのようにロンドンでタクシーの運転手になるのは非常に難しく

彼らはロンドン市内の地理を全て知らないと資格が取れないのです。

しかも とても親切で 紳士的。

最低料金は £2.2 それから110~160mごとに£0.2加算されます。

料金制(但し下車時に 料金の10~15%チップを加算する必要あり)だし 

おじさんは優しいので 女性が乗っても安全。

カラフルな広告付きもあります。
c0139972_181017.jpg


NYのイエローキャブは 座席が汚いし

客を客と思っていないこと 甚だしい。

乗車拒否はしょっちゅ

運転しながら 携帯で話していたり

食べ物を食べたりと ながら運転。

行き先を聞き間違えて 逆ギレされたり

タクシーの乗り込んだけど ちゃんと目的地に到着するか

いつもハラハラして 席に腰が浮いている状態だったっけ。


良いことずくめのブラック キャブなんですが

長距離になると やはり料金が ちいと高いなあという人のために

ミニ キャブという白タクがあります。

よく自宅に名刺大のチラシが入っていて

電話で予約すると 予約した時間に自宅に迎えに来てくれて 

指定した場所まで送ってくれます。

私は利用したことがないけれど

ダンさんは 出張で早朝のフライトに乗る時に 予約を入れておりました。

しかし 電話の受付が ちゃんと英語を話せない人らしく

日にちと 時間をきちんと聞き取れなかったようで

当日 迎えに来るかハラハラしていましたが

何度か リマインドしたお陰で 無事自宅に迎えに来てくれました。

正規のタクシー資格を持っていないドライバーが 運転するため

ブラック キャブよりかなり安かったようです。

しかし なんだか怪しげでミニキャブに乗った女性が襲われるなんていう

物騒な事件もあるそう。

まあ 高くて安心を買うか

多少のリスクをとって 安くあげるかは 自己責任ですが・・・

あまり お勧めはできないかも  ね。

2月6日

売り為替
米ドル  107.64
ユーロ  157.88
英ポンド 213.62

日経平均  13,099.24 (-646.26)
NYダウ   12,263.13 (-370.03 2月5日)
FTSE    5,868  (-158.2 2月5日)     

うわああ この調子じゃ バーゲンセールも近い?
[PR]
by ruchikald | 2008-02-06 22:56 | 生活