2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

シャーロック ホームズ博物館

  様々な謎に挑戦したシャーロック ホームズの住んでいたところが

博物館になっている。

しかも なんと親友のワトソン氏 自ら部屋を案内してくれるとなれば

ロンドンに住んでいる間 一度は訪れなければ!!!

Baker St.の地下鉄は ホームズの横顔のタイル絵がいたるところにあります。
c0139972_20254112.jpg


よく目をこらすと 小さなホームズの横顔の集大成で

遊び心 満載です。

そして駅から地上にでると またまたホームズがお出迎え
c0139972_202705.jpg


もともと コナン・ドイルが執筆したころ

ホームズの住まいという設定のBaker St.は 100番地まで

存在しませんでした。

また 土地の整備した後 221番地は Abbey National BKの

敷地内でしたが 

探偵小説の枠を超えて 実際に 銀行に謎解き依頼が後を絶たず

わざわざ 手紙に返事を書くという部署もあったそうで・・・ 

これはなかなか ユーモアがありますね。

ワトソン氏と ともに・・・
ホームズの帽子をかぶって一緒に記念撮影
c0139972_2021584.jpg


ワトソン氏の部屋は 通りに面して 臙脂色の壁で温かみがありますが

ホームズの部屋はグリーンでちょっとクールな印象。

二人の性格の陰と陽が 表れているのも面白いです。

物語の一場面を再現した蝋人形も あって

大人も童心にかえる博物館です。
c0139972_20222358.jpg


けれど子供のころには 知らなかったホームズの一面も・・・・・

なんと 彼は コカインを愛用していたのです。

コカインは”脳を活性化させる薬”として 利用されていたという

当時の嗜好を知り驚きました。 

犯罪者の心理を うまく推理できるのは

自らがコカインを愛用していたからか? 

探偵小説の人物ながら まるで実在の人物のように

愛されているホームズ。

そのユーモアを大切にしている様子が とても微笑ましいと

感じた午後でした。

221b Baker St NW1 ( 実際の221番地ではありません)
休 なし
9:30~18:00
£6




1月28日 
売り為替
米ドル  107.84
ユーロ  158.19
英ポンド 215.54

日経平均  13,087 (-541.25)
NYダウ   12,254.72 ( +47.72  28日現地AM11:00)
FTSE     5,789.7  ( -79.3)
[PR]
by ruchikald | 2008-01-29 11:01 | 遊び