2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

安近短の旅  Gunnersbury Park & Museum

さて ロンドンでも ガイドブックに書かれない名所

 ”安近短の旅”シリーズを続けていきたいと思います。

地下鉄 District lineもしくはPiccadilly lineの

”Acton Town”より徒歩 1分の

Gunnersbury Park (ガナズベリー パーク)。

こちらは 1,000年ほど前にすでに王族の領地で

その名は Knut王の娘 Gunhildaからの由来だそう。

18世紀には George 2世の娘 Amelia姫が

庭園を整え 現在もそのまま保存されて

一般に解放され 市民の憩いの場になっています。
c0139972_081687.jpg
 


c0139972_017335.jpg





19世紀には ネイサン ロスチャイルド氏が所有し

カントリーハウス風の邸宅を建て 当時の風物も展示中。
c0139972_015338.jpg


使用人達が 主人家族に従事していた様子が伺えます。

使用人と一口にいっても その仕事内容と技量により

お給金の額も異なっていたようで

使用人の採用広告も展示されて 興味深かったです。

召使とはいえ 彼らの組織の中にも

しっかり階層があったことが伺えます。

また 実際に使用されていた クラシカルな馬車も展示され
c0139972_0221639.jpg


つい近代まで 人が移動するのも 大変な時代だったのだなあ

と 想像したり・・・

珍しくお天気に恵まれた週末 のんびりと過ごしました。








 Gunnersbury Park & Museum

Admissiion Free
Open: Park  AM 8:00- Sunset
Museume AM11:00-PM5:00
( PM 4:00 Nov.-Mar.)

[PR]
by ruchikald | 2008-01-13 14:57 | 遊び