2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

Queueの国

  前から思っていましたが 英国の人は

あんまりイライラしません。

突然 地下鉄が不通になっても

(実際 休日は地下鉄工事でしょっちゅう

ある特定の線が封鎖されるので 油断ならないのです)

日本みたいに駅員に突っかかったり

乗客同士で小競り合いになることなく

ちょっと 困った顔をして

でも まあ 仕方ないねえ という表情で

別の交通手段を見つけたり 悠長です。

(米国も 結構 こういうところは寛容

トラブルにも冷静に対処してます。

ただ 時々 怒り狂って 爆発している人がいると

周囲は苦笑しているという場面を 見かけますが・・・)

自分の感情を ぐっとコントロールするのが

大人という暗黙の了解があるのか?

もし 英国人と話す機会があったら その辺を
 
聞いてみたいんですが。





家並みも整然としてます
c0139972_211070.jpg



 で買い物してて どんなに列が出来ていても

辛抱強く 泰然とレジを待つ姿は素晴らしい。

せっかちな私は ”うへえ~”と思って

手にした商品を元の陳列棚に戻して店を出たり

セルフレジを使うけど

みんな 大人しく待っているんです  ええ の~んびりとね。

優雅といえば 確かに・・・

でも 日本だったら  列で並んで 自分の番になると

後ろを待たせないように ストレス感じちゃうけど 

こちらの人は客もレジの人も

の~んびり ゆっくりマイペース。

これに慣れたら 日本のスピードについていけず

すっかり トロい(今ならKYな)人の烙印を

押されちゃうだろうな。





ところで英国と米国で 行列をあらわす言葉がちょっと違って

”Queue”が良く使われます。

米国ならば ”line"の方が一般的ですかね。

そういえば 話はそれますが

NYで 順番待ちをしているか 確認するときに

    ”Are  you  lining? ”とか

    ”Are  you  on    line?"なんて

 得意げに言っておりましたが

 ”ちょっと~ それじゃあ 

 ネット上に居ますか? 
 って事に なるんじゃないの?”

と お節介大王 親切なダンさんの指摘を受けましたが 

一応電子辞書で調べたら
 
(通例待っている人について) ”一列に” とか

”作動中” とか ”オンラインで”と いう意味になっている。

 まあ 意志はちゃんと伝わっている筈ですが

” in  line " が 正しいです。

 ああ NYで生き恥を晒していた私

 まあ いいか!


で 気を取り直して 英国では

 " Are  you  queuing?"か

  ” in   a   queue”で 良いのでしょうか・・・多分 今度試してみよう。

とまあ 話はそれましたが
 
脱線ついでに・・もう一つ。

空港では セキュリティー チェックの為

大人しくQueueで並んでいる人を尻目に

”Fast   track”という優先サービスもあります。

これはファーストやビジネス クラス用で

並ばずに すいすいチェックしてくれるサービス。

こういう処は 階級社会の名残でしょうね。





  

 
 
[PR]
by ruchikald | 2008-01-10 11:16 | 生活