2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

初体験 レバノン料理

ロンドンもNYと同じぐらいエスニック・レストランが多いですが

集まっている人種が違うので 

出会う料理は 趣が少々異なります。

アジアではインド タイ 変り種でネパールを見かけますし

地中海ならば トルコやレバノンが目に付きます。

ところで レバノンってどんな国?

“レバノン共和国は 西アジア・中東の国で 首都はベイルート。

シリアの北東 イスラエルの北に位置し 西は地中海に面している。

正式名称はアル=ジュムフーリーヤ・ッ=ルブナーニーヤ。

30%がキリスト教徒と70%がイスラム教徒で

双方うまく共存している国家。

第2次大戦後 自由経済体制を敷き

石油取引により資金が流入し中東の金融セクターとなったうえ 

観光業も発達したので

“中東のパリ”と呼ばれた。

イスラエルとは昨年まで戦争をしていて 今は停戦中。

食は オリーブオイル ハーブを利用した地中海料理
(以上Wikipediaより)

政治的にはまだ 不安要因の残るレバノンですが

ダンさんとともに 未体験の味覚を求めて

近所のレバニーズ・レストランに

いざ 出陣。
c0139972_5564332.jpg



レンティル豆のスープ
人参も入って とても優しい味。 体に良さそうです。
c0139972_5573838.jpg




ランチはセットで約£7
c0139972_5583451.jpg

手前はひよこ豆とニンニクのディップHammous 
右奥はオリーブオイルでマリネした野菜と
   ひよこ豆をつぶして 丸めてあげたコロッケ風のFalafel
左奥が Shawarma
    (ラムやチキンをお酢とスパイス・玉ねぎであえてグリル)
これらをピタパンに挟んで いただきます。

基本的にはトルコ料理に似ていますが
 
あまりスパイスを利かせず とても上品な味わいで

豆を上手に利用しているので ヘルシー。

エスニック フードが苦手な方も これなら多分 大丈夫!

自宅に料理を配達してくれるようですが
 
なんと“Whole Lamb Available ”
(羊まるごと ケータリング受け付けます)って すごすぎる!

毎週 土曜日の夜はベリーダンスのショーもあるので

今度 覗いてみますね。
[PR]
by ruchikald | 2007-12-11 20:48 | 遊び