2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

商売上手な英国王室

今年11月にエリザベス女王とフィリップ殿下は

結婚60周年記念を迎えました。

その為か やたらとメディアで取り上げられていますが

王室はこれをうまく利用して

英国観光に一役かっているという印象を受けます。

お土産物屋でも ロイヤル ファミリーグッズは人気だし

バッキンガム宮殿は毎日 観光客が絶えません。

先日BBCで エリザベス女王の特番があり

今年の夏、米国植民地400周年記念セレモニーのため

( 英国は未だに 米国を自分達の植民地だと思ってる? )

アメリカを訪問した時の映像や

国賓を迎えるバッキンガム宮殿の一日の様子 などを紹介し

女王自身のかなり素顔に迫った映像が とても印象的でした。
c0139972_543537.jpg


とても80歳を越えているとは思えないほど 背筋がしゃんとのびて

すたすた歩き回り ちゃきちゃきとしゃべる姿が印象的。

おっとり優しいおばあ様を想像していていると 

かなり裏切られます。

たとえば ブッシュ大統領がスピーチで年代を言い間違えたら 

“ 年代が違うわよ!”って 即効 突っ込みいれてたし・・・・

ダイアナ元王妃の死後 英国王室の評判はかなり落ちましたが

王室のメンバー自ら体を張って 

英国の国力に貢献している様子。



一方 チャールズ皇太子も やり手です。

文化遺産 地元産業の保護 環境問題へ援助のために

オーガニックの会社 “ Duchy Originals”を経営していて

これが オーガニックブームに上手く乗り

相当成功しているようです。

食品だけでなく トイレタリー コスメ 家具まで展開していて

紅茶やビスケットなどは普通のスーパーにも売られているので

試しに買ってみました。
c0139972_55239.jpg

甘さがほとんどないけれど ハーブがたっぷりで体に良さそう。

英国人は王室ネタが好きで

かなりきわどいジョークも交わすようですが

ロイヤル ファミリーだって 人間だもの

結婚もすれば 離婚もする

美談もスキャンダルも乗り越え 

逞しく英国の伝統を守る姿を 

本当は愛しているのだと思います。
[PR]
by ruchikald | 2007-12-07 20:00 | 生活