2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

虎穴に入らずんば 虎子を得ず

   11月6日 AM10:00

日系不動産屋では 良い物件が見つからないので

 ”いちか ばちか 日系以外の不動産屋に飛び込んでみよう”という

ダンさんの提案で 希望ターミナル駅の近く

地元の不動産屋へ。 

店内に入ると 青い目の外人さん(って 自分達が外人)が 我々に注目。

えええい ここで ひるんではいかん!

探している地区 予算 部屋数 家のタイプを伝え

ネットで検索してもらいました。

2軒ヒットがありましたが 1軒は夏から残っている昨日見た家。

で もう1軒は 予算を少し超えてしまいますが

”交渉次第では もしかしたら 少し安くなるかもしれません”と 

担当者の心強いお言葉。

その後 現地に赴き 実際に家をみることに。

うっとりするほど 素敵なお屋敷を通り過ぎて 

1軒のこじんまりしたレンガ造りの家に到着。

小さな裏庭やゲストルームもありますが 狭すぎず 広すぎ コンパクトな間取り。

お風呂も改装したばかりで 水圧も十分です。

イギリスでは Furnished(家具付き)が多いので

備え付け家具のセンスも 重要なポイントです。

ここはとてもスタイリッシュなので 気に入りました。 
c0139972_4101352.jpg


そして 何より近所の公園がとても美しいので

きっと 野獣とのお散歩も楽しくなるでしょう。
c0139972_4112158.jpg



現地から最寄り駅まで 徒歩でどれだけかかるか 確認のため

私達だけで試しに歩いてみました。

綺麗に整えられた家々を横目でみながら

アップダウンもない 道のりは うきうきしてきます。

途中の道すがら こんなお屋敷を発見 

一体 どんな人が住んでいるんでしょうか?
c0139972_41444100.jpg




二人とも この物件を気に入りましたが 問題は家賃で

通常提示家賃だと予算をはるかにオーバー。

しかし 例の担当の方が 頑張ってオーナーに

値下げ交渉してくれ めでたく射程内におさまりました。

オーナー曰く

”地元の不動産屋に日本人が来るって珍しいねえ”とのこと。


で担当者は

”日本人は信用できるから ちょっと安くしてよと説得しましたよ”

いや 感謝 感謝!

期待に添えるように 綺麗に使います。



何軒か不動産屋を回っていると 同じ物件でも

提示家賃に違いがあります。

オーナーも不動産屋によって 態度を使い分けているのが

よくわかりました・・・・・・・






ところで 私たちが探しているエリアは古い建物が多いのですが

それがなんとも味わいがあって

色々とイギリスのお宅を拝見できて興味深かったです。



チューダー様式の童話に出てきそうな家

こんな家もイギリスならでは・・・
c0139972_4274683.jpg






 
[PR]
by ruchikald | 2007-11-07 19:53 | 引越