2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

ロンドンの家 大公開

 ロンドンでの生活

家のトラブル続きで ほとほと手を焼いたことや

あまりにひどい 公共サービスのお粗末さも 今となっては 笑い話。
c0139972_2062628.jpg


可愛いお客様も時々遊びにきました。
c0139972_214523.jpg





とはいえ 1度目の家で さんざんトラブルが起こったとき

当時は笑えないこともありました。

一番 ひどかったのは

気温が0度以下まで下がった 11月のある日

ボイラーが突然 故障して 家の中のセントラルヒーティングが

作動しなくなったことでしょうか?

これがヒーター  中の配管にお湯が循環して部屋を温めます。
c0139972_23222123.jpg



問題のボイラー     このヒトには泣かされました
c0139972_2231425.jpg

家には小さな電気ストーブが一つあるだけ

運悪く ダンさんは出張中で留守だったし

このままでは 凍死してしまうかも・・・・なんて 本気で思いました。

もちろん シャワーだって使えなくって

しばらく 大家さんが持っている別のアパートまで

シャワーを借りに行ったんです( 貰い湯 戦前か?)

わざわざ車に乗ってね。

結局 暖房が完全に復活するまで 

2週間近くかかってしまいましたわ・・・ 


  でも 入居を決める時の記事は こんなに良い印象だったのに・・・
Londonerへの道 : 虎穴に入らずんば 虎子を得ず

イギリスでは 不動産は庶民の投資、

手っ取り早い財テクとして人気があります。

親から独立した若者でも ローンを組みやすいらしく

早くから家を購入し

転売を重ねて 財産を増やすのが一般的。

みなさん 結構カツカツで 不動産をもっているので

経済的に厳しいケースが多く

”イギリスの大家さんはケチ”と 良く聞きます。

トラブルにすぐ対処してくれないという愚痴は日系人の間で

良く聞いたものでした。

おりしも昨年はリーマンショックで イギリスの金融不安は日本の比でなく 

ロンドンの経済界に激震を与え家賃はさがる一方。

ならば もうちょっとマシな所に移ろうかと 探し始めました。






それにしても 1軒目の大家さんが 本当にがめつかったなあ。

IKEAに行った時 家具やカーテンがすべて 店で一番の安物をそろえていたので

苦笑してしまいました。

     ソファーもカーペットもクッションも最安値品(笑)
c0139972_14205914.jpg

他の駐在員のお宅にお邪魔した時も 同じ家具が置いていて

さらに 笑ってしまいましたよ~

うちだけじゃなくて どこの大家も同じだったんですわ。

お庭は 結構可愛かったんだけどね
c0139972_2093429.jpg

c0139972_23231617.jpg


そうそう 突風で塀が倒れちゃったなんてこともありましたわ
c0139972_20263650.jpg

自ら 大家さんが塀を直しに来てくれたなぁ。





次に住んだお宅は 家の玄関側 裏庭側両方向から日差しが差し込む明るい家でした。

一件目の家のトラブルで 心がボロボロになって家探しをしているとき

この家に出合い ここだ!と直感しました。

というのも イギリスで太陽の光はなによりも代えがたい。

若いオーナーの男性は日本人並みの几帳面さで

問題解決してくれました。






寒くて暗い冬を過ごすために

イギリスの人たちは家をいかに快適にしつらえるか・・・に

腐心していました。

だから お部屋が自分の好みだととても嬉しくなって

日常も楽しく感じられました。

    フェイクの暖炉 
      これを見たときヨーロッパっぽいわ・・と感激

c0139972_2245503.jpg



大型の食器棚も備え付けられてました。

このおかげで 食器が増えちゃいましたけど・・・
c0139972_23393896.jpg


庭には林檎の木が植えられていました。

7月を過ぎるとロンドンは もう秋の気配。

大きく実った林檎がたわわになっていましたよ。
c0139972_23411823.jpg


窓辺に ハーブの鉢を置いてました
c0139972_2014283.jpg



アンティーク マーケットで買った椅子やサイドテーブル 

籠をちょこっと飾ってみたり・・・・
c0139972_20133267.jpg


でも やっぱり この家でもボイラーの調子が悪くって

お湯がちゃんと出ないこと しょっちゅうでしたよ。

だから 日本で当たり前に お湯の出るのが信じられないぐらい

素晴らしいと思います。

ロンドンでの不自由な生活が 日本の便利な生活を

有り難いと気付かせてくれました。
[PR]
by ruchikald | 2009-12-07 20:33 | 生活