2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

エコ狂詩曲

3年半の間に 日本の家電製品の性能は
進み過ぎていて 
私たちには理解不能になっております。

エコカー推進のキャンペーン ドッグ
c0139972_8512347.jpg

( ちゃんと車を止めて 撮影しています。 念のため )


家電売り場に出かけた私たち。
さながら
タイムマシンで未来に行ってしまった
原始人みたいに おろおろ。
売り場担当の人の説明が 半分くらいしかわかりません。

そもそも 基本からわかっていませんから。

なんで
買い替えるのに 国が援助してくれるの?

なんで 
地デジじゃなきゃいけないの?


地上波が全く見れなくなるって
かなり荒っぽいやり方ですよね。
じゃ TVなんて 見んわい!と タンカを切りたいところですが
そうも 言えないし・・・・


ま とりあえず 得するんだから 有り難いけど
エコポイントという人参をぶら下げた
家電製品の買い替えは
エコという名の ファシズムだと思ってしまう。
( おっと 失礼! だって まだ使えるのに
買い替えって すごくもったいない気がするんだもの)
いえ 私 エコが問題っていっているんじゃないんです。
やはり 環境に考慮する国って インテリジェンスが
あると思うし
でも あの ちょっと 過剰すぎるような気が・・・・
暴走しすぎな気もするの。


疑い深い私は
リサイクルで買い換えた 家電製品は
本当に 有効再生されているのかしら?と 余計な心配しちゃう。
もしかして どこかに こっそり廃棄されてるんじゃないの?
まさか 第3国にお金を払って 捨ててる なんてこと
ないですよね。
(アメリカが 中南米に対してするみたいに
 自分の都合の悪いものは 他人に押し付け)

それと この財源って もとをただせば 税金でしょ?
ついつい 学生時代のエピソードを思い出してしまいました。
私の友人が サークルの先輩に
” ほら コレ(お金を)あげるからから 好きなだけ飲んでいいぞー”って
おこずかいをもらったそうです。
大喜びで みんなで遊びにいって 全て使いはたして
”先輩 ありがとうございます”
ニコニコと お礼をいったら
”いや そんな礼には及ばないよ。だって
 あれは 君が落としたお財布の金だもん”
って・・・
ひどいですよね。
タダで何かをくれる人には 気をつけた方がいいって
その時 悟りましたわ。
景気回復といいつつ ばらまいているお金のつけは
後から私たちに 回ってくるんじゃないのかな?
心配性すぎるかしら?

といいつつ エコポイントを申請して
どの商品に換金しようか 考えている私 
現金なもので 結構ウキウキしちゃうけど
嬉しさ半分 美味しい話のウラには
絶対 胡散臭い何かが潜んでいると
思うんだけどなー


しかし 申請用紙を書くにも一苦労

グリーン家電普及促進事業 エコポイント
 
[PR]
by ruchikald | 2009-09-28 08:51 | 生活