2009年9月 日本に帰って来たruchika  3年半ぶりの日本に戸惑いながら しばらく英国の記事をアップしていきます。


by ruchikald

ウォーリック城

 イギリスは ロンドンの郊外が面白い!

車で1時間も走れば 貴族のマナーハウスや 昔の面影を残した可愛らしい村

訪れることができます。

普段は まったくもってイライラする日常生活の不便さも

どこかに吹っ飛んでしまうぐらい 魅力に溢れているんですよね。

便利で簡単 だけど薄っぺらい文化になれている私としては

悔しいけど ちょび~っとずつ イギリスが好きになっていきます。

まあ また日常に戻れば 呆れることだらけなんですがね・・・

これから 今までに訪れたイギリスの田舎を

ご紹介していきたいと思います。




2月の中旬に

シェークスピアゆかりのストラットフォード アポン エイヴォンと

オックスフォードを訪ねました。

ロンドンから A40(高速道路)でオックスフォードに向かう途中

エイヴォン川沿いの立つウォーリック城へ 寄り道。

e0138195_2162059.jpg

ウォーリック城の起源は 914年に アルフレッド大王の娘エセルフリーダが 

デーン人の侵略を防ぐために造られた要塞で

その後 増改築が繰り返されて 堅牢な外観のお城が築き上げられました。
e0138195_20585784.jpg


14世紀以降 代々のウォーリック伯爵が城を引き継いでいきましたが

現在はマダム タッソーの蝋人形館でおなじみのタッソーグループが経営しています。
e0138195_20593660.jpg


狭い階段を上ると 石を高く積み上げた塔に上がれ

高いところから 地形を望むことができます。

エイヴォン河の蛇行している部分を 自然の要塞とし

小高くなった丘をうまく利用し 敵の攻撃をいち早く察知していたのでしょう。
e0138195_2039422.jpg



中世そのままの風景
e0138195_20443921.jpg


お約束の地下牢もあり
捕虜を釣り上げて 朽落ちるまで放っておいたという拷問器具
e0138195_218137.jpg








タッソーグループが作った蝋人形で 

15世紀の ウォーリック伯爵と 戦いに備える人々の姿

また

デイジーという愛称のウォーリック伯爵夫人の

週末のパーティーに訪れた19世紀末の貴族の様子など

ウォーリック城の時代の変遷を垣間見ることができます。

( これは ちょっと俗っぽいけど 結構よくできてますわ

  若き日のチャーチルも城を訪れていたそう )



それにしても 貴族って 現在何人ぐらいるんでしょうか?

英国経済の見えない資産の大部分をこの層が握っているんでしょうかね?

いやいや 実はどこも懐事情はかなり厳しくって

このお城のように エンターテイメント会社に売却したいたいんでしょうが・・・・

う~ん 知りたい

なにせ 身近にそういうやんごとない方がおりませんので

想像の範疇を出ることができませんわ。



グレイトホール
e0138195_2185276.jpg





WARWICK CASTLE
WARWICK CV34 4QU
(0870) 442-2000

[PR]
by ruchikald | 2009-06-29 20:21 |